仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

面倒くさがりな人でもできる時間管理術

2018年1月28日
今日は面倒くさがりの私でもできる時間管理術をご紹介します。
 
経営者ならずとも、社会人であれば時間管理は必須です。
「人との約束を忘れてしまった」、「仕事が締め切りに間に合わなかった」といったことが度々あると、社会人としての評価が下がります。経営者であれば、下手をするとビジネスに致命的なダメージが生じる可能性もあります。
 
また、「やることが多すぎで何から手を付ければいいか自分でもわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。
 
 
ただ、時間管理と聞くと、なんとなく面倒くさそうなイメージが浮かびませんか?
付箋を付けたり、ノートや手帳にスケジュールを書いたり・・・
 
 
そこで、面倒くさがり屋を自認している私でもできる方法をご紹介したいと思います。
 
まず、スケジュールとタスク管理はGoogleカレンダーにすべて集約します。
スマートフォンでも「ジョルテ」というGoogleカレンダーに連動する無料アプリを使っているので、外出先でもスケジュールの確認および編集が可能です。
 
たとえば顧客との打ち合わせ後、次の日程を決める際には、スマホのアプリでスケジュールを確認しながらスケジュールを調整し、決定した日程はその場でスマホのアプリで登録してしまいます。
 
朝起きたら、まずはスマホアプリで今日の予定を一通り確認します。
そのうえで必要な持ち物なども準備してしまいます。場合によっては前日夜にやってもよいですね。そういえば小学生のころは「明日の準備は前の日の晩にやりましょう」と言われていました。
 
個々の作業(例:報告書作成、資料準備など)についてはGoogleカレンダーの「終日タスク」として登録します。
とりあえず少しでも当日手を付けるならば、その日に設定してタスクを作ります。
もしその日に終わらなかったら翌日または次に手を付けられそうな日に繰り延べます。
 
少しボリュームが大きいような作業の場合、タスクの詳細内容を書く欄があるので、そこで細分化したタスクを書くようにします。
 
ただ、プロジェクトのように、もはや作業とはいえない大きなタスクの場合は、別にプロジェクト管理ツールを使うなどした方がいいでしょう。その場合でもタスクとしてはGoogleカレンダーに登録しておき、内容欄には「詳細は別途管理」と書いておきます。
わざわざこうしてタスクを作ることで、別途管理しているプロジェクト管理ツールを閲覧するという行動を忘れないようにしています。
 
また、逆にどんなに小さな作業でも忘れて困ることがあるならばGoogleカレンダーに書くようにしています。例えば「ATMでお金を引き出す」、「薬をカバンに入れる」、「牛乳を買って帰る」などです。
「記憶には頼らず、記録に頼る」ということです。
 
 
スケジュールが切羽詰まっていない状況であればこれだけでもいいのですが、仕事が多い時期で、スケジュールがタイトな場合は、あらかじめ作業時間もスケジュールに入れるようにします。
 
たとえば「〇〇の報告書作成を9時から10時でやる」といった感じです。
 
これをやることで、残っているタスクを本当に処理しきれるのかを確認することができます。
 
漠然とやることが多いと不安を感じてかえって何もできなくなってしまいがちですが、こうして見える化すると、その瞬間は目の前に集中できるのですっきりします。
 
 
以上、簡単ではありますが、私なりの時間管理術をご紹介しました。
私は自覚している限り、約束を忘れたり、時間に遅れたりするようなことはほとんど無いです。かといって複雑な管理をしているわけではなく、やっていることはいたってシンプルです。
 
時間管理に悩まれている方の参考になれば幸いです。
 
 
===
仙台で2/3(土)に「時間術大公開セミナー」が渡辺進也先生主催の「プレミアムアフタヌーンカフェ」で行われます。
講師の平野さんは多忙な経営者のはずですが、「原則残業なし!18時帰宅!土日もほぼ休み!」を実現されているといいます。
 
詳細&お申込みはこちら↓↓↓
第30回プレミアムアフタヌーンカフェ「時間術大公開セミナーin仙台」
 
「いつも忙しくて時間がない」という方にこそ、是非参加していただきたいです。
 
また、どうしても時間があわずセミナーには参加できないという方は、講師の平野さんが最近出版した「仕事を高速化する「時間割」の作り方」を読んでみることをお勧めします。
 

個人の借入金を資本金にしてもいいのか?

2018年1月9日
前のエントリーと関連しますが、設立時の資本金を個人の借入金でまかなってもいいのかというお話です。
 
例えば、「自己資金がほとんどなく、ご両親や親戚等から借りた資金で起業したいのだが、その資金は資本金にすることができるのか」といった感じです。
 
ネット等で調べると、「それは見せ金になるから駄目」と書いてあることもありますが、借りた資金で会社設立した後、すぐに資金を返済してしまうのならともかく、長期間借り続けるのであれば資本金として扱って構わないです。
 
ここでいう「見せ金」とは、資本金の払い込みを仮装する意図で行われる行為のことを指します。
たとえば、資本金300万円の会社にしたいから、どこかから資金調達してきて資本金として払い込み、そのあと当該資金を全て(またはほとんど)返済してしまうとなると、資本金としてあるべきお金が実際には無いわけですから問題でしょう。
しかし、個人で借りてきた資金を資本金替わりにして実際に設備投資や運転資金として使うのであれば特に問題はないわけです。
 
以上、結論としては、「見せ金」でない限り、設立時の資本金を個人の借入金でまかなってもOKということになります。 ちなみに増資の場合も同様です。
 

資本金1円の会社が財政的にNGな理由

2017年12月24日
以前のエントリー「会社を設立するときの資本金はいくらにすればよいのか?」にて、資本金1円の会社は作れるけれども止めた方が良いというお話をしました。
 
そこでは、1.信用面、2.財政面、3.税金面の3つの観点から資本金の金額について書きましたが、今回は財政面についてもう少し突っ込んだことを書いてみたいと思います。
 
 
初めに結論を書いてしまうと、1円会社が財政的にNGな理由としては、設立してすぐに債務超過になるからです。
 
会計に疎い方向けに債務超過について簡単に説明しておくと、資産(*1)よりも、負債(*2)の方が上回ることを言います。
 
*1)現預金や売掛金、商品在庫、土地や建物や設備といった会社の資産となるもの
*2)他人から借りてきたお金のこと。将来支払わなければならない買掛金や未払金なども含む
 
 
1円の資本金では会社の営業に必要なものは何も買えません。
 
例えば1円で会社を設立したとして、貸借対照表(B/S)は資産勘定に現預金が1円、負債勘定0円、自己資本勘定1円だとしましょう。
 
そこで100円のボールペンを買ったとすると、会社の現預金は1円なので、社長の個人的資金から不足分の99円を出したとします。
すると会計上は負債勘定に社長借入金として99円が計上されることになります。
 
それにより貸借対照表は資産勘定0円、負債勘定99円、自己資本勘定-99円となります。
ボールペン1本であっという間に債務超過になることがおわかりでしょうか。
 
 
では、なぜ債務超過がダメかというお話です。
当然、金融機関からの評価は厳しくなります。ここでは詳しい話はしませんが、債務超過というだけでお金は借りにくくなると考えてください。
 
また、各種補助金の審査にも不利になる場合があります。
補助金の申請の際、財務諸表の提出が求められる場合がありますが、審査基準に「財務体質の健全性」が入っている場合、債務超過というだけで最低点に近い評価を付けられてしまう恐れがあります。
 
それから、何かの取引を始めようとした際に、相手先から信用調査をされて債務超過が発覚すると、取引見送りという判断をされてしまう恐れがあります。
 
 
このように、債務超過という事実は、会社の財政状態にかなり悪い印象を与えてしまうのです。
 
ですので、できれば最低限、通常に営業している範囲においては債務超過にならない程度の資本金を準備した上で会社設立にのぞみたいところですね。