仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

比較優位を踏まえた役割分担

2018年10月14日
前回の機会費用に引き続き、経済学上の概念を経営に活用する方法をご紹介します。
 
今回は比較優位です。
 
最初に比較優位とはなんぞや?ということですが、ウィキペディアによれば、「自由貿易において各経済主体が(複数あり得る自身の優位分野の中から)自身の最も優位な分野(より機会費用の少ない、自身の利益・収益性を最大化できる財の生産)に特化・集中することで、それぞれの労働生産性が増大され、互いにより高品質の財やサービスと高い利益・収益を享受・獲得できるようになることを説明する概念」ということです。
 
この説明を読んでもちょっとピンとこないかもしれませんね。
 
例えば、工業製品の生産が得意な国と、農業が得意な国があったとして、それぞれが得意分野に集中特化して互いに貿易をした方が、各国が独自に工業製品生産、農業生産を両方行うよりも大きな利益を得られるということです。
 
 
この考え方を活用して、会社の中の業務役割分担を考えることができます。
例えば、営業が得意なA君と、企画書作成が得意なB君がいたとします。
A君は1時間でアポ4件取れる代わりに、企画書は2つしか作れません。
B君は1時間でアポは1件しか取れませんが、企画書は4つ作れます。
 
そうであれば、当然、営業はA君に、企画書はB君に作らせるのが効率的ですね。
2人合わせて1時間でアポが4件取れて、企画書が4つ作れることになります。
 
では、仮にB君が仕事に就いたばかりで、1時間でアポ1件、企画書も1つしか作れなかったとしたらどうでしょう。
営業も、企画書作成もA君に劣るB君は、職場において活躍の場所はないのでしょうか。
 
 
しかし比較優位の考え方を活用すれば、たとえ全ての能力が劣っていたとしても、その人が特化すべき点に集中すれば、全体の利益の拡大に貢献することができるのです。
 
ここで前回ご紹介した機会費用の考え方を使います。
機会費用の定義は「ある選択肢を選んだ際に、他の選択肢を選べば得られたであろう最大の利益」です。
(詳しくは前回エントリー参照)
 
まずA君。
アポ取得1件あたりの機会費用は企画書0.5分です。(アポ1つ取るために、企画書0.5分を失ったと考えます)
これに対して企画書1つ作成をした場合の機会費用はアポ2件分です。
 
次にB君。 アポ取得1件あたりの機会費用は企画書1つです。
これに対して企画書1つ作成をした場合の機会費用はアポ1件分です。
 
企画書作成で考えれば、A君よりB君の方が機会費用が小さいことがわかりますね。
(ここでは、アポ1件と企画書1件は等価と考えます)
よって、B君は機会費用で優位にある企画書作成に集中することで、全体としては成果物を増やすことができます。
 
 
例えば、A君、B君ともに4時間を営業と企画書作成にそれぞれ2時間ずつかけた場合。
A君はアポ8件、企画書4つ。
B君はアポ2件、企画書2つ。
合計でアポは10件、企画書は6つです。
 
これに対して、A君は営業に4時間、B君は企画書作成に4時間かけた場合。
A君はアポ16件、企画書0。
B君はアポ0件、企画書4つ。
合計でアポは16件、企画書は4つです。
 
ここではアポ1件と企画書1つは等価として考えているので、合計成果物数で比較すると後者の方が4つも増えることになります。
 
 
いかかでしょう。一度文章を読んだだけで理解することは難しいかもしれませんが、ご自身でゆっくり計算されるとわかるはずです。
 
 
ここで言いたかったことは、たとえ全てで能力が劣っている社員でも、必ず活躍の場所はあるということです。
比較優位の考えをもとに業務配分を行えば、全体の利益拡大に繋がります。
 
大事なことは適材適所の役割分担ということですね。
そのためには各社員の強みを見つける必要があります。
 
 
以上、ご参考になれば幸いです。

機会費用を踏まえた経営判断

2018年10月9日
今回のエントリーでは機会費用を踏まえた経営判断についてご紹介します。
 
最初に機会費用とはなんぞや?ということですが、定義的なことを書くと、「ある選択肢を選んだ際に、他の選択肢を選べば得られたであろう最大の利益」ということです。
元々は経済学上の概念です。
 
そういわれてもピンとこない方もいらっしゃると思いますので、1つ具体的な数字を入れた例を挙げてみましょう。
アルバイトに行けば時給900円を稼げる人が、遊びに行くか4時間バイトに行くかで迷っているとします。
もし遊びに行くという選択肢を選んだ際の機会費用は、本来4時間のアルバイトをしていたら得られた900円×4時間の3,600円です。
 
この場合、遊びに行くという行動の価値が自分にとって3,600円以上か否かで判断をするというのが機会費用を踏まえた意思決定となります。
 
 
機会費用はどの選択肢を選んだとしても必ず発生します。
ただし、選択肢によって大小の差があるので、それを踏まえた意思決定を行っていくということです。
 
先ほどの例だと、バイトに行った場合は、当然遊びに行くことはできないので、遊びに行った場合に得られる利益が機会費用になります。
具体的な金額にはならないかもしれませんが、その遊びが本人にとっていくらの価値があるかによって機会費用は異なります。
 
 
もう1つ例を挙げてみましょう。
客先での打ち合わせが終わり、自社オフィスに戻ろうとしている場面を想像してください。
 
タクシーで帰れば5分で帰れますが1,000円かかるとします。
徒歩で帰れば30分かかりますがお金はかかりません。
 
機会費用を考えないのであれば、タクシー代の1,000円はただの出費です。
他人から見れば無駄遣いと思われるかもしれません。
 
しかし仮にあなたが1時間6,000円稼げるとしたらどうでしょう。
タクシーに乗ることで得られる25分の価値は2,500円です。
 
そうすると、徒歩を選んだ際の機会費用は2,500円ということになります。
タクシーを選んだ際の機会費用は浮かすことができるタクシー代の1,000円なので、機会費用も踏まえて両選択肢を比較すると、タクシーに乗った方が合理的な選択ということになります。
 
もし誰かに「タクシーになんか乗って無駄遣いしないでください」と言われても、上記に基づいて反論することができるでしょう。
 
ただし、それはあなたが1時間2,400円以上稼げることが前提です。
(この例の場合です。何故そうなるのかは計算してみましょう)
 
 
機会費用は経営判断を行う上で欠かせない概念です。
日常の些細なことから、重要なものまで幅広く使えますので、是非この機会に覚えておきましょう。
 
 
また、似たような言葉で機会損失(チャンスロス)という言葉がありますが、これとは全く別物なのでご注意ください。
機会損失の定義は、「最善の意思決定をしないことで本来得られたはずの機会(利益)を逃すこと」です。
こちらも重要な概念なので、いずれ別な機会に書きたいと思います。
 

プレスリリースを活用して無料で会社や商品を宣伝しましょう! 3/3

2018年10月3日
プレスリリース活用シリーズ
1回目(広告と広報の違い)
2回目(書き方のポイント)
 
 
今回(最終回)はプレスリリースの配信方法についてご紹介していきます。
 
 
まずは配信先のメディアをリストアップします。
 
各メディアの編集方針、コーナー・特集、傾向、消費者の層、規模などを踏まえて、取り上げてくれそうなメディアを選びます。
 
「広報・マスコミハンドブックPR手帳」という新聞・雑誌・テレビ・業界誌などの主要メディアの連絡先一覧がまとまった書籍があるので、これを参考にしてもよいでしょう。
 
ただし、この本には大手メディアが中心なので、地域限定や限られたターゲットに向けたPRには向いていないかもしれません。
 
その場合は、各メディアの連絡先を個々に集めていきます。
ウェブメディアの場合は、プレスリリース受付先を明記しているところも多いです。
 
 
次にメディアリストに対してプレスリリースを送付します。
ウェブメディアであればメールやウェブフォームからの送信が一般的です。
紙媒体やテレビであれば郵送orFAXが一般的です。
 
宛先は可能な限り、記者の個人名にした方が反応率は上がります。
何かメディアの記者につてがあるのなら、そこは積極的に活用しましょう。
たとえ何の繋がりがなくても、配信してもらいたいメディアの類似記事を見てみて、そこに記者名が書いてあれば、その方宛てに送ってみるのも一手です。
 
 
あとは、記者クラブ宛てにプレスリリースを投函するという方法もあります。
記者クラブとは何かというと・・・
公的機関や業界団体などの各組織の継続取材を目的とするために大手メディアが中心となって構成されている任意組織(Wikipediaより)
のことです。
 
プレスリリース配信者目線でざっくり言ってしまうと、まとめてプレスリリースを配信できる場所になります。
記者クラブは各都道府県に何か所かあり、所在地や加盟媒体は以下のサイトから調べることができます。
http://www.kisha-club.jp/05/  
私も東北電力記者クラブには何度かプレスリリースを投函したことがあります。
 
以下のサイトに記者クラブへのプレスリリースについての説明がありますので、興味のある方はご覧ください。
 
プレスリリースを記者クラブへ出してみた(もやし工房)
https://www.moyashi-koubou.com/blog/pressclub/  
 
 
最後にプレスリリース作成から配信までをサポートしてくれる配信代行会社をご紹介しておきます。
 
PR TIMES
 
@Press
 
共同通信PRワイヤー
 
 
これらの配信代行会社を使えば、プレスリリースの添削サービスがあったり、メディアリストも代行会社が用意してくれたりと至れり尽くせりです。
 
ただし、当然営利サービスなので費用はかかります。
だいたい相場的には1配信あたり3万円程度です。
 
初めてプレスリリースを配信するという方は、色々不慣れでしょうから、一度こういった配信代行会社経由での配信から始めるのがいいかもしれませんね。
 
 
 
以上、3回に渡ってプレスリリースを活用した会社や商品・サービスの宣伝方法についてお伝えしてきました。
 
広告費が限られる中小企業は、プレスリリースを上手に活用してブランド向上、売上アップにつなげていきましょう!