仙台・宮城の不敗戦略コンサルタント / 中小企業診断士 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

事業再構築のための「負けない戦略検討会議」 無料体験ワークショップ

2021年3月23日
事業再構築のための「負けない戦略検討会議」無料体験ワークショップを開催いたします。
 
経済産業省の目玉施策として、事業再構築の取り組みを支援する「事業再構築補助金」が出てきております。
 
しかし補助金の要件を満たすためのハードルは高く、実際に事業を取り組む観点からも事業再構築には高いリスクがあります。
 
当社のサービスである「負けない戦略検討会議」は、「絶対に失敗できない」様々な事業やプロジェクトの戦略や方向性を当社コンサルタントと一緒にディスカッションしながら作り上げていきます。
 
今回は、事業再構築に取り組む方のために、「筋の良い事業再構築」を、「補助金も活用できる形」で、「失敗しないでやれる方法」を一緒に考える「負けない戦略検討会議」の無料体験ワークショップを開催することにいたしました。
 
これによって、コロナ禍で苦しむ企業の事業再構築の取り組みが一歩前へ進むことへ貢献したいと考えております。
 
 
「負けない戦略検討会議」の特徴は以下の通りです。
 
1.「一方的にアイデアを押し付ける」のではなく「一緒にアイデアを考える」から納得度が高い
 
2.外部の視点を持ったコンサルタントがファシリテーターとして会議の議論を活性化
 
3.出てきたアイデアはその場で参加者全員が見える形でまとめるのでスピード感がある
 
4.事業再構築の際に陥りがちな失敗の回避をプログラム化
 
5.オンラインでも実施可能
 
 
事業再構築補助金を活用しながら事業再構築をお考えの方に対して、外部コンサルタントがファシリテートする検討会議を行います。
 
以下のような方のご参加を想定しております。
 
・事業再構築補助金を使って事業再構築に本気で取り組みたい
 
・色々アイデアはあるが、決めきれないでいる
 
・事業再構築補助金の計画作成が難しく感じる
 
・外部のコンサルタントと一緒に検討することで刺激が欲しい
 
・本当に事業再構築の取り組みが上手くいくか不安
 
・事業再構築を一緒に考えてくれる人が社内にも周りにもいない
 
・補助金ありきではなく、きちんと事業として成立する計画を検討したい
 
 
無料体験ワークショップの概要は以下の通りです。
 
価格:無料
申込方法:サービスウェブサイトの申込フォームから申込
申込期間:2021年3月23日(火)~
実施日時:申込受付後、個別に日程調整
実施場所:翠星企画オフィス またはオンライン会議システムの利用
受付社数:毎月4社まで
対象:事業再構築をお考えの中小企業
 
 
お申込み、内容の詳細はこちらからご覧ください。
https://nlsworkshop02.jadestar.co.jp/
 
 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
翠星企画通信(メールマガジン)
「致命的な失敗をしないための経営実践講座」
https://39auto.biz/jadestar/touroku/entryform2.htm
 
翠星企画株式会社 公式Facebookページ
経営お役立ち情報などをタイムリーに配信中!
https://www.facebook.com/jadestarplanning/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

ビジネスをするなら押さえておきたい4つのリスク

2021年3月19日
ビジネスには常にリスクがついてまわるといっても過言ではありません。
 
リスクというと何となく「危険なもの」、「避けるべきもの」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、ビジネス上のリスクとは「不確実性」のことです。
 
ですので、マイナス方向だけではなく、プラス方向でもブレ幅が大きいのであれば、それはリスクといえます。
 
 
例えば、宝くじはリスクが高いでしょうか?それとも低いでしょうか?
 
 
「当たらない可能性が高いのだから、リスク高いのでは?」
 
と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、宝くじはほぼ当たらないので不確実性は低い、つまりリスクは低いといえます。
 
 
ビジネスにおいては、リスクは避けるものではなく、コントロールするものです。
 
時には求めるリターンを得るために、積極的にリスクを取りに行かねばならない場面もあります。
 
 
ここでビジネス上のリスクの種類をご紹介します。
1. 負うべきリスク
2. 負えるリスク
3. 負えないリスク
4. 負わないことによるリスク
 
 
1. 負うべきリスク
これはリターンを狙うために、あるいはビジネスを継続発展させるために、積極的に取るべきリスクです。
 
起業や新規ビジネス立ち上げなどが当てはまりますね。
 
起業にはリスクは付き物ですが、リスクを負ってでも成し遂げたいことがあるから起業するのでしょう。
 
リスクが負えないのならば起業などできません。
 
 
2. 負えるリスク
これは自身の許容範囲内のリスクです。
つまり失敗しても立て直せるレベルのリスクということです。
 
起業や新規事業などの取り組みの際には、この負えるリスクがどこまでなのかをよく見極めておく必要があります。
 
 
3. 負えないリスク
これは自身の許容範囲を超えたリスクです。
つまり失敗すると会社を潰してしまうリスクということです。
 
このリスクは負ってはいけません。
リスクを回避するなり、軽減するなりの方法をあらかじめ準備しておく必要があります。
 
 
4. 負わないことによるリスク
これは乗り遅れることによるリスクです。
 
リスクを負いたくないからといって、何もしないままでいると貴重なチャンスを失ったり、より大きなリスクを負うことになったりします。
 
 
 
これまでの内容を踏まえて、イメージしやすい例で考えてみましょう。
 
売れている商品だけを売って効率的に儲けようとする場合のリスクは何でしょう?
また、それを回避するにはどうすればよいでしょう?
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
以下は解答例となります。
 
絞った商品に強力な力を持った競合が参入してくるリスクがあります。
 
対策としては、多少お金を使ってでもリスクを低下させる行動をとっておきます。
 
例えば、開発費が多少かかっても新商品を開発しておくなどですね。
 
 
競合の出現が「負えないリスク」かどうか前もって判断しておく必要があります。
 
もし「負えないリスク」ならば商品の絞り込みは危険です。
 
ここで新商品の開発は「負うべきリスク」になります。
 
これをやらないでいると、「負わないことによるリスク」が増大し、最終的には「負えないリスク」に変化してしまいます。
 
 
ビジネスをやる上では常に先を読んでリスクを取り続ける必要があります。
 
会社が成長し続ける限り問題は起こり続けます。
 
リスクから逃げるのではなく、リスクの種類を見極め、取るべきリスクは取って、適切にコントロールしていってください。
 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
翠星企画通信(メールマガジン)
「致命的な失敗をしないための経営実践講座」
https://39auto.biz/jadestar/touroku/entryform2.htm
 
翠星企画株式会社 公式Facebookページ
経営お役立ち情報などをタイムリーに配信中!
https://www.facebook.com/jadestarplanning/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

ビジネスとギャンブルの違い

2021年2月19日
唐突ですが、ビジネスとギャンブルの違いって何でしょう。
 
過去に何人かの人から、
「ビジネスなんてギャンブルのようなものだ」
といった趣旨のことを言われており、何か違うと思いながらも、明確な反論が出来ずにいました。
 
そのような中、師匠がビジネスとギャンブルの違いについてお話されていたのを聞いて腹落ちしたので、受け売りではありますがここでお伝えしたいと思います。
 
ビジネスとギャンブルの違い。
それは、期待値がプラスか否かです。
 
期待値とは、ある試行を行ったとき、その結果得られる数値の平均値のことです。
 
例えば以下のようなクジがあるとします。
50%の確率ではずれ(0円)
30%の確率で200円当たり
20%の確率で500円当たり
 
このクジが1枚200円で売られていたとします。
 
期待値を計算すると、
(0×50%+200×30%+500×20%)-200=-40円
です。
 
よって、このクジの期待値はマイナスです。
 
運よく初回で500円の当たりを引けば手持ち資金が増えますが、長期的には買えば買うほど手持ち資金が減っていくことになります。
 
典型的なギャンブルである、宝くじや競馬、パチンコなどは胴元が確実に利益を得られるようになっており、参加者の期待値は全てマイナスです。
 
例えば日本の宝くじの還元率(投資した金額に対して、戻ってくる金額の割合)は約45%です。
 
つまり、100万円分の宝くじを買った場合、統計的には45万円しか戻ってこないということになります。
 
私は元々、宝くじを買うことは少なかったですが、このことを知ってからますます買う気が無くなりました。
(一攫千金を夢見る気持ちを否定するわけではありません)
 
 
これに対して、ビジネスの期待値はプラスです。
というよりも、期待値がプラスでなければビジネスと呼べないということです。
 
期待値がプラスなのであれば、長期的に取り組めば手持ち資金は増えるはずです。
 
 
これらを踏まえて、ビジネスに取り組む上で気を付けておきたいことが2つあります。
 
1つ目は期待値がプラスになるように事業モデルを組み上げることです。
 
先ほども書いた通り、期待値がプラスでなければビジネスとは呼べません。
 
これは簡単なことではありませんが、今回の主題ではないのでこれ以上触れません。
 
 
もう1つはビジネスを始める際に一定以上の資金を確保しておくべきということです。
 
ビジネスはギャンブルとは違うといいつつも、短期的に見るとギャンブル的要素があります。
 
例え期待値が高くても、最初に連続で「はずれ」を引いてしまうことは確率的に十分あり得ます。
 
そういった事象に耐えるためにも、一定以上の資金を確保して、多少マイナスが続いても破産しないようにしておくことが必要不可欠なのです。
 
 
以上がビジネスとギャンブルの違いとなります。
 
自分ではビジネスのつもりだったものがギャンブルだった、ということのないようお気を付けくださいね。
(自戒を込めて・・・)
 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
翠星企画通信(メールマガジン)
「致命的な失敗をしないための経営実践講座」
https://39auto.biz/jadestar/touroku/entryform2.htm
 
翠星企画株式会社 公式Facebookページ
経営お役立ち情報などをタイムリーに配信中!
https://www.facebook.com/jadestarplanning/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★