仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

第一回中国国際輸入博覧会に参加してきました

2018年11月15日
11/5~11/10に中国上海で開催された第一回中国国際輸入博覧会に参加してきました。
 
 
これまで中国では様々な展示会が行われてきましたが、基本的には中国企業が輸出相手を探すためのものがほとんどで、中国側が輸入することを目的とした大規模な展示会は今回が初めてです。
 
出展ジャンルは幅広く、機械設備、食品・農産品、自動車、医療機器、家電製品、服飾・日用品など様々です。
 
会場はとても広く、1日中歩き回っていたので足が疲れました。
 
 
中国の市場開放度のPRや、一帯一路プロジェクト関連国との関係性PRなどが主目的と言われています。
 

 
 
政治的にも非常に重視されているようで、今年の肝いりプロジェクトとして習近平国家主席の出席・視察や、連日のテレビ報道、上海の街中いたるところで宣伝されていました。

 
 
会期中の総来場者は80万人(うちバイヤーは40万人)、成約見込み額は578億3,000万ドルということです。
 
既に来年も第二回が開催決定しているようです。 会期は11月5~10日、会場は今回と同じ上海国家会展中心とのことで、出展募集は既に始まっており、募集締め切りは2019年4月30日の予定ということです。
 
中国向け販路開拓に興味ある方は是非参加を検討してみてください。

上海の外高橋保税区(自由貿易試験区)に行ってきました

2018年7月11日
先週、中国・上海へ行ってきました。
今回は若干日程に余裕があったこともあって、上海郊外にある外高橋保税区という自由貿易試験区に行ってきました。
 
 
 
自由貿易試験区とは、ざっくり言ってしまうと、貿易や会社設立・運営などに関する規制が通常よりも緩いエリアで、中国では上海をはじめ、いくつかの都市に設けられています。
 
外高橋保税区は、その名の通り保税区なので、輸入した貨物に対して関税がかかっていない状態で保管できるエリアです。
 
その中には、輸入商品直売センターという名の店舗があり、そこで各国からの輸入商品を購入できるようになっています。
 
 
 
店内はそこそこ商品の数はあるものの、人はあまり入っていませんでした。
ざっと値段を見る限りだと、そんなに安い感じもしません。
 
付き合ってくれた中国人の方によれば、今はほとんどの輸入商品はネットで買えるので、こんなに遠くまでわざわざ買い物には来ないということでした。
 
 
それでも日本やその他の国も含めて、輸入商品の動向などをざっくりつかむには一度見ておくのもいいかもしれません。
 
★ ★ ★
宮城県よろず支援拠点と宮城県商工会連合会の主催で海外展開セミナーを開催します!
私も含めて宮城県よろず支援拠点のコーディネーターが、中小企業、特に小さな企業や個人事業主でもできる海外販路開拓の具体的な方法について事例を交えてお話します。
 
セミナータイトルは以下の通りです。
1.「海外展開を進めやすいのは、こんな企業」
2.「小さな会社でもできる海外販路開拓」(細野担当)
3.「次はベトナム、カンボジア!~食品輸出をする前にするべきこと~」
※内容については変更になる場合があります。
 
開催日・場所は以下の通りです。
日時:7月26日(木) 13:00~15:00(受付12:30~)
会場:TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口 ホール8A
 
お申込みは宮城県よろず支援拠点のホームページから!
またはお電話でも承っております。(TEL:022-393-8044)

中国向けにウェブサイトを制作する際の注意点

2018年6月7日
今回のエントリーは、販路開拓目的、あるいは中国人観光客(インバウンド)取り込み目的などで、中国(大陸)向けに中国語ウェブサイトを制作しようとしている方向けに、いくつか注意点を書いておきます。
 
1.漢字の種類の違い
中国語は全て漢字で表現される言語ですが、漢字の種類は2種類あります。
中国大陸で使われる簡体字(かんたいじ)と、台湾、香港で使われる繁体字(はんたいじ)です。
 
自社のウェブサイトは、どちら向けに作っているかで、漢字の種類を選ぶ必要があります。もし両方取り込みたいということであれば、それぞれを一言語として、2バージョンを用意することをお勧めします。
(更に言うなら、同じ繁体字でも、台湾と香港では単語の意味や表現が違う部分があるので、それぞれの地域を重視するのであれば、きちんと分けた方がよいでしょう)
 
 
2.アクセス制限されているサービスのコンテンツは使わないこと
中国大陸では、日本ではおなじみのGoogle、Facebook、Twitter、Youtubeなどはアクセスが遮断されており見ることができません。
 
そのため、これらのコンテンツをウェブサイトに埋め込む形で使ってしまうと、アクセスが極端に重くなったり、最悪、接続ができなくなることがあります。
 
中国語を含めた多言語サイトを作っているのであれば、中国大陸バージョンについては、これらの埋め込みコンテンツは外すなどの対応を行ってください。
 
 
3.中国大陸から日本サーバーへの回線速度は遅い
中国大陸と日本を結ぶ海底ケーブルがボトルネックとなっており、中国から日本サーバーにあるウェブサイトを閲覧しようとすると、かなり表示速度が遅く感じることがあります。
 
これを解決するためには、中国にあるサーバーにウェブサイトを構築すればよいのですが、中国にあるサーバーでウェブサイトを公開するにはICPというライセンスを取る必要があり、これを日本企業が取得するのは至難の業です。
 
現実的な解決策としては、比較的アクセスが早い香港のサーバーを使うか、専用VPN回線を使うなどの方法があります。
 
 
なお、実際に作ったサイトがきちんと中国から見ることができるかどうか確認したいという方向けに、こういうツールもあります。
「中国向けサイト無料診断ツール」(株式会社レクサー様提供)
https://lxr.co.jp/sc/
 
せっかくウェブサイトを作ったのに見れないor見るに堪えない状態では作った意味がありませんね。
 
これから作ろうとされている方も、既に公開済の方も、上記注意点についてはくれぐれもお気を付けください。