仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

上海の外高橋保税区(自由貿易試験区)に行ってきました

2018年7月11日
先週、中国・上海へ行ってきました。
今回は若干日程に余裕があったこともあって、上海郊外にある外高橋保税区という自由貿易試験区に行ってきました。
 
 
 
自由貿易試験区とは、ざっくり言ってしまうと、貿易や会社設立・運営などに関する規制が通常よりも緩いエリアで、中国では上海をはじめ、いくつかの都市に設けられています。
 
外高橋保税区は、その名の通り保税区なので、輸入した貨物に対して関税がかかっていない状態で保管できるエリアです。
 
その中には、輸入商品直売センターという名の店舗があり、そこで各国からの輸入商品を購入できるようになっています。
 
 
 
店内はそこそこ商品の数はあるものの、人はあまり入っていませんでした。
ざっと値段を見る限りだと、そんなに安い感じもしません。
 
付き合ってくれた中国人の方によれば、今はほとんどの輸入商品はネットで買えるので、こんなに遠くまでわざわざ買い物には来ないということでした。
 
 
それでも日本やその他の国も含めて、輸入商品の動向などをざっくりつかむには一度見ておくのもいいかもしれません。
 
★ ★ ★
宮城県よろず支援拠点と宮城県商工会連合会の主催で海外展開セミナーを開催します!
私も含めて宮城県よろず支援拠点のコーディネーターが、中小企業、特に小さな企業や個人事業主でもできる海外販路開拓の具体的な方法について事例を交えてお話します。
 
セミナータイトルは以下の通りです。
1.「海外展開を進めやすいのは、こんな企業」
2.「小さな会社でもできる海外販路開拓」(細野担当)
3.「次はベトナム、カンボジア!~食品輸出をする前にするべきこと~」
※内容については変更になる場合があります。
 
開催日・場所は以下の通りです。
日時:7月26日(木) 13:00~15:00(受付12:30~)
会場:TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口 ホール8A
 
お申込みは宮城県よろず支援拠点のホームページから!
またはお電話でも承っております。(TEL:022-393-8044)

中国向けにウェブサイトを制作する際の注意点

2018年6月7日
今回のエントリーは、販路開拓目的、あるいは中国人観光客(インバウンド)取り込み目的などで、中国(大陸)向けに中国語ウェブサイトを制作しようとしている方向けに、いくつか注意点を書いておきます。
 
1.漢字の種類の違い
中国語は全て漢字で表現される言語ですが、漢字の種類は2種類あります。
中国大陸で使われる簡体字(かんたいじ)と、台湾、香港で使われる繁体字(はんたいじ)です。
 
自社のウェブサイトは、どちら向けに作っているかで、漢字の種類を選ぶ必要があります。もし両方取り込みたいということであれば、それぞれを一言語として、2バージョンを用意することをお勧めします。
(更に言うなら、同じ繁体字でも、台湾と香港では単語の意味や表現が違う部分があるので、それぞれの地域を重視するのであれば、きちんと分けた方がよいでしょう)
 
 
2.アクセス制限されているサービスのコンテンツは使わないこと
中国大陸では、日本ではおなじみのGoogle、Facebook、Twitter、Youtubeなどはアクセスが遮断されており見ることができません。
 
そのため、これらのコンテンツをウェブサイトに埋め込む形で使ってしまうと、アクセスが極端に重くなったり、最悪、接続ができなくなることがあります。
 
中国語を含めた多言語サイトを作っているのであれば、中国大陸バージョンについては、これらの埋め込みコンテンツは外すなどの対応を行ってください。
 
 
3.中国大陸から日本サーバーへの回線速度は遅い
中国大陸と日本を結ぶ海底ケーブルがボトルネックとなっており、中国から日本サーバーにあるウェブサイトを閲覧しようとすると、かなり表示速度が遅く感じることがあります。
 
これを解決するためには、中国にあるサーバーにウェブサイトを構築すればよいのですが、中国にあるサーバーでウェブサイトを公開するにはICPというライセンスを取る必要があり、これを日本企業が取得するのは至難の業です。
 
現実的な解決策としては、比較的アクセスが早い香港のサーバーを使うか、専用VPN回線を使うなどの方法があります。
 
 
なお、実際に作ったサイトがきちんと中国から見ることができるかどうか確認したいという方向けに、こういうツールもあります。
「中国向けサイト無料診断ツール」(株式会社レクサー様提供)
https://lxr.co.jp/sc/
 
せっかくウェブサイトを作ったのに見れないor見るに堪えない状態では作った意味がありませんね。
 
これから作ろうとされている方も、既に公開済の方も、上記注意点についてはくれぐれもお気を付けください。

中国越境EC参入にはモール出店しか選択肢がないのか?

2018年4月9日
ここ数年で”越境EC”というキーワードはだいぶ浸透してきた気がします。
 
国別に見ると、販売先のトップとしてはやはり中国です。
だいたい、中国(台湾、香港を除く)と北米+欧州が同じくらいの規模になっています。
中国1国だけで、北米と欧州の合計と同じということで、中国越境EC市場がいかに大きいかがおわかりいただけるかと思います。
 
しかし、この巨大市場をめがけて、世界中から企業が参入してきているので、世界一競争が激しい市場といっても過言ではありません。
 
 
中国越境ECというと、少し前までは天猫(T-Mall)やJD(京東)といった大手モールに出店するのが常套手段と言われていました。(これら2大モールは、それぞれ海外企業のみが出店できる越境ECモールが存在します)
 
一番の理由はモールが持つ集客力です。
たくさん人が集まる場所に出店するというのは、越境ECに限らず、当たり前の話ですね。
ただ、最近特に、大手モール(天猫やJD以外にもいくつかあります)への出店は厳しくなってきました。
 
費用が高額である、出店手続きに必要な書類が揃えられないなどもありますが、モール側がブランドを選別してきており、そもそも出店が認められないケースが増えてきています。
 
中国で既に認知され、ある程度の販売実績のある商品(ブランド)か、日本国内で相当の実績のある商品(ブランド)でなければ出店は難しいです。
 
 
では、実績があまりない商品はもう中国に向けて売ることはできないのでしょうか?
 
もう1つの選択肢として、自社サイトでのネットショップ立ち上げという方法があります。
 
しかし、以前はサーバー、決済、集客など様々な問題があり、自社サイトでは難しいというのが一般的な見解でした。
 
ただ、ここ最近になって、サーバーや決済などのインフラ面においては、対応可能なシステムやサービスがでてきているので、問題ではなくなりつつあります。
 
そうすると、残るは集客の問題です。
一般的に、中国人はネットで買い物をするときに検索エンジンで調べて購入するということがあまりありません。
 
多くの人が、直接ネットショップモールから直接買いたいものを探しています。(だからこそ特に中国ではモールの集客力が強いと言われています)
 
 
しかし、最近はモール直接購入だけでなく、SNSやニュースアプリ、動画メディアなど様々な媒体から商品購入に繋がるルートがでてきています。
 
この商品購入ルートをうまく活用すれば、自社サイトでも商品を販売していくことは十分可能になってきているのです。
 
 
もし過去に大手モールに出店しようとして諦めた事業者の方も、自社サイトでの参入を今一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。
 
 
★★★
弊社ではこのたび、中小企業向けに自社サイトによる中国越境EC構築プランをリリースいたしました。
 
自社サイトによる中国越境EC構築プランのご紹介
http://plan02.china-ec-support.com/
 
これまでお問い合わせいただいていたお客様から「モール出店はハードルが高い。とはいっても自社サイトでは集客が難しい」という声を多数いただいており、今回のプランでは自社サイトの構築と集客施策をセットでご提案するプランとなっております。
 
また、コスト面においても極力抑えた形にしてありますので、低リスクかつ高い費用対効果が見込めます。
 
今ならIT導入補助金活用により、最大50万円の補助が受けられます。
補助金活用に必要な計画書策定や申請手続きは全て弊社で対応いたしますのでご安心ください。
 
本プランについてのお問い合わせはこちらからどうぞ。
http://plan02.china-ec-support.com/contact/