仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

123

破滅しない潰れ方

2019年6月13日
以前の日経ビジネスの特集で、「起業、失敗の後~「破滅」と「再起」を分けるのは~」というタイトルの記事が掲載されていました。
 
今回はこれに乗っかって、自分なりに「破滅」と「再起」を分けるのは何なのかということを書いてみたいと思います。
 
まず「破滅」とはどういう状態なのか。
一言でいってしまうと“死んでしまう”ことです。
自殺すると物理的に死んでしまいますし、自殺までしなくても、生きる意欲を失って惰性で生きている状態というのも、ある意味心が死んでしまっているといえるでしょう。
 
では会社が潰れても「破滅」しないためには何が必要なのか。
それは何かしら力になってくれる人ではないでしょうか。
 
わかりやすい例でいうと、再起のための資金の出し手になってくれる、再就職を世話してくれる、仕事を紹介してくれるなど、生計を立てなおす上での力になってくれる人たちです。
 
私も会社を潰した当時、何人かの方が事情を知った上で仕事を出してくれたり、色々な便宜を図ってくれたりしたおかげで、衣食住に困るようなことにはなりませんでした。
 
また、傍にいて話を聞いてくれることで、精神的な支えとなってくれる家族や友人の存在も必要です。
 
私も彼らがいたからこそ、「ちゃんと立ち直らなければいけない」と思えました。
 
ここで大事なことは、苦しい時に助けてくれる人が周りにいるかどうかです。
 
「こいつが困っているんだったら助けてやるか」と本気で思ってくれる人がどれだけいるか。
 
これは普段の仕事や生活で、周囲の人たちとどう接しているかということで決まってくるのでしょう。
 
気を付けなければいけないのは、こういう大事な人たちに、会社が潰れる前に借金を申し込まないということです。
 
追い詰められた状態で目先の支払いに充てるための借金をしても返せなくなる可能性が高いです。
 
そのような不義理をしてしまうと、会社が潰れてしまったあとに助けてもらうことなどできないでしょう。
 
そういった意味では、やはり撤退ラインを決めておくというのは大事なことです。
 
私の場合は金融機関以外、たとえば友人、知人からの借入はしないと最初から決めていました。
 
どこで撤退ラインを引くのかは、価値観の問題もあるので正解はありませんが、大切なのはラインを決めたらそれを守ることです。
 
実際のところ、撤退を決めるというのはなかなか難しいのですが、ずるずる先延ばしにして友人や家族から借金を重ねた上に潰してしまうと、それこそ夜逃げするしかなくなってしまい、文字通り再起不能に陥ります。
 
そうならないためにも、引くべきところでは引くという判断も大事ではないかと思います。
 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
翠星企画通信(メールマガジン)
「会社を潰したくない経営者のための経営実践講座」
https://39auto.biz/jadestar/touroku/entryform2.htm
 
翠星企画株式会社 公式Facebookページ
経営お役立ち情報などをタイムリーに配信中!
https://www.facebook.com/jadestarplanning/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

社長の時間配分を戦略的に考える

2019年5月15日
社長の時間というのは、会社にとって非常に貴重な資源(リソース)です。
 
社長の時間は基本、いつも足りません。
というのも、社長の仕事は作ろうと思えばいくらでも作れてしまうからです。
 
目先の仕事だけでも手一杯になりがちですが、会社の将来を考えれば、今後の戦略や計画作り、新商品・サービスの開発、組織や人材配置の検討、営業やマーケティングの検討、財務戦略や資金調達・・・などなどやることは盛りだくさんです。
 
「1日が48時間になればいいのに」
「自分だけ倍速で動けたらいいのに」
などと考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
そうはいってもそれは無理な相談。 誰もが平等に与えられた1日24時間という時間をどう振り分けていくかというのはまさに戦略的な考えです。
 
以前も書いた通り、戦略とは「目的を達成するための資源配分の選択」です。
 
ですので、まずは目的を設定しましょう。
 
ここでの目的は、現在ご自身や会社にとって優先度の高い課題を設定するのがよいでしょう。
 
たとえば、新規顧客の開拓、資金調達、組織作りなど。
ここではざっくり書きましたが、本来は「〇月までに〇〇エリアの新規顧客から〇件受注を取る」、「〇月までに〇万円の資金を融資で調達する」など、具体化してください。
 
目的が設定できたら、次はご自身の行動や今後やりたいと考えていることを目的と照らし合わせて優先順位付けを行います。
 
例えばある層の顧客を獲得するためには、新商品が必要不可欠となった場合、優先度が高いのは新商品の開発に繋がる行動です。
 
逆にそれ以外の行動は一時的に優先度を落とします。例えば幅広い人脈獲得のために行っていた交流会の参加回数を減らすなどです。
 
ちなみに、自分がどういった行動をしているのか、自分では意外とわからなかったりするので、1週間くらい行動記録を取ってみるとよいでしょう。
 
行動や今後やりたいことに優先順位をつけると、往々にして時間が足りないということになります。
 
その場合、次に考えなければならないのは、いかに足りるようにするかということです。
 
考える方向性としては色々あります。
・行動・タスクを効率化して短時間で終わらせる
・行動・タスクの全部または一部を他人にやらせる
・行動・タスクの必要性を再検討して無くす
・課題達成の期限を延ばす
 
なお、4つ目の「課題達成の期限を延ばす」は楽ですが、毎回こればかり選んでいるといつまで経っても重要な課題が解決できないということになるので、くれぐれもご注意ください。
 
厳密に全行動・タスクについて優先順位をつけようとすると、複雑で時間もかかってしまって本末転倒なので、ざっくりでも「今後やりたいことに必要なことに多くの時間を割く」と意識するだけでも変わってきますよ。
 
以上、ご参考まで。  
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
翠星企画通信(メールマガジン)
「会社を潰したくない経営者のための経営実践講座」
https://39auto.biz/jadestar/touroku/entryform2.htm
 
翠星企画株式会社 公式Facebookページ
経営お役立ち情報などをタイムリーに配信中!
https://www.facebook.com/jadestarplanning/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

克服すべき弱みとは

2019年4月18日
「弱みの克服よりも、強みを伸ばすことに注力しましょう」といったことを聞いたことが一度はあるのではないでしょうか。
 
確かにその通りなのですが、克服すべき弱みというものもあるのです。
 
1つは致命的なもの。
それを抱えていると、会社の倒産に繋がりかねない重大な弱点です。
 
例えば事業に関連する法律をほとんど知らない経営者がいたとしましょう。
 
そうすると、何かの拍子に意図せず法律違反を犯してしまい、相手方からの訴訟や刑事罰を受けることになる可能性があります。
(そこまで至らなくても、法律トラブルが発生すると不慣れな人であれば精神的に疲弊してしまい、通常の事業運営に支障をきたします)
 
経営というのは基本的には総力戦です。
戦略、組織、財務、マーケティング、技術など、様々な要素がありますが、これらのうちどれか1つでも欠けていると、そこがきっかけで崩壊してしまう恐れがあります。
 
規模が小さいうちは多少穴があっても勢いで乗り切れるのですが、規模が大きくなってくると勢いだけでは乗り切れなくなります。
 
何も弱い部分を得意分野にまでする必要はありません。ただ、穴にならないレベルくらいの力は付けておきたいところです。
 
合格点は目指さなくていいので、せめて赤点は回避しましょうということです。
 
 
もう1つ、克服すべき弱みは、機会を獲得または戦略を実施する際にネックに弱みです。
 
事例として私の話をします。
私は元々エンジニアとしてパソコンに向き合う仕事がメインということもあって、人前で話すのが苦手でした。
 
経営者になってから初めて参加した交流会で、自己紹介をする場面があったのですが、動悸と足の震えが止まらず、会社名と名前を話した後、何を話したらよいかわからなくなってしまう始末です。
 
しかしそうはいっても、経営者である以上、人前で話す機会は多々訪れます。
「うちの社長は人前には出ないので」というわけにはいきません(笑)
 
経営者としてやっていく上で、人前で話す能力不足という弱点が大きなネックになっていることに気づいたのです。
 
そこで、この弱点を克服すべく、ノウハウの学習をして、練習を繰り返し、場数を踏んでいくことで、ある程度は人前に出ても話せるようになりました。
今ではセミナー講師も年10回以上やっています。
話すのが得意というレベルではないものの、苦手ではなくなった感じです。
 
ただ、弱点の克服というのは時間がかかります。
数か月レベルで克服できるのならば、それは弱点というほどのものではありません。
やはり年単位は覚悟する必要があるでしょう。
 
なので原則としては、まず強みを伸ばすことを考え、弱点については、なんでもかんでも克服するのではなく、致命的なもの、それから機会獲得にネックになっているものだけに絞るとよいですね。
 
 
以上、ご参考になれば幸いです。
 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
翠星企画通信(メールマガジン)
「会社を潰したくない経営者のための経営実践講座」
https://39auto.biz/jadestar/touroku/entryform2.htm
 
翠星企画株式会社 公式Facebookページ
経営お役立ち情報などをタイムリーに配信中!
https://www.facebook.com/jadestarplanning/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
123