仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

病気は生活の赤信号

2018年5月28日
先日、ギックリ腰をやってしまいました。
幸いにもさほど重症ではなく、数時間で歩けるようになり、数日で痛みも無くなったのですが、健康のありがたみを実感するいい機会となりました。
 
 
「病気は生活の赤信号」という言葉があります。
病気になるのは、そもそも自身の生活に問題があるからであって、病気という形を通じて問題があることを自身の身体が教えてくれているのだということのようです。
 
確かに20代の頃は睡眠時間を削っても、まともな食事をとらなくても「ちょっと具合が悪いな」程度でしたが、30代も後半になると、年々体力の衰えを実感せざるを得ません。
 
そういえば母親から「ちゃんと食べて、ちゃんと寝なきゃダメだよ」と言われていたことを思い出しました。
 
言われた時は「はいはい、わかったよ」という感じで軽く受け流していたのですが、この食事と睡眠が健康を維持する根幹になっていることにようやく最近気づきました。
 
 
何事も健康でなければ、楽しめませんし、頑張れません。
子供たちもまだ小さいですし、個人的に楽しみたいことも色々あるので、まだまだ健康であり続けたいです。
 
仕事の上でも、健康でなければ、パフォーマンスを出し続けることはできませんし、急な病気などをしてしまっては、お付き合いいただいているお客様にご迷惑をおかけすることになってしまいます。
 
ここから先、放っておくとどんどん体力は落ちていく一方なので、より一層、健康維持についても気を配っていかなければならないなと思う今日この頃でした。
 
ちゃんと食べて、ちゃんと寝て、あとは少し運動もしなくては。