仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

新規事業の成功率を上げるために2

2019年8月2日
前回は「新規事業の成功率を上げるために」ということで、新規事業を立ち上げるにあたって、失敗しないための原理原則をいくつかご紹介しました。
 
読者の方からの反応が良かったので、気をよくして(笑)今回は第2弾をお届けします。
 
 
前回の繰り返しになりますが、新規事業を確実に成功させる方法はありません。
 
ただし、成功率を上げることはできます。
 
成功率を上げるための基本的な考え方としては、成功要因を探すのではなく、失敗要因を潰しておくことです。
 
成功要因が多種多様なのに対して、失敗要因というのはある程度パターン化できます。
 
その失敗しないための原理原則を押さえておけば、結果として成功率を上げることにつながります。
 
 
前回は、
1.飛び石をしない
2.リスクを事前に想定しておく
3.小さく始めて仮説検証を繰り返す
の3点をご紹介しました。
 
 
今回はまた3つほどご紹介したいと思います。
 
1.新規事業の分野が経営理念と整合性がある
いかに儲かるといっても、いかがわしいビジネスに手を出すべきではありません。
 
自社の経営理念と整合性が取れているかどうか、しっかり事前に考えてみましょう。
 
お金のためだけにやる仕事は続きませんし、トラブルがあった時に後悔することになります。
 
もちろん利益を出すことは大事なのですが、お金以外の価値が得られることも長く続ける
ビジネスとしては重要な要素です。
 
 
2.「皆が儲かるというビジネス」ではない
「皆が儲かるというビジネス」、「皆が賛同するビジネス」は失敗確率が高いです。
 
新しいビジネスモデルというのは、人より先に気づくからこそ可能性があるのです。
 
誰でも気づくということは、既に儲からないモデルになっていることが多いです。
 
本屋などで既に多数のノウハウ本が出ているようなものは、既にそのノウハウに価値はなくなっています。
(著者が儲かる仕組みになっていることがほとんどです)
 
 
3.シンプルでわかりやすい
ビジネスモデルを顧客に説明する時、シンプルでわかりやすいことが大切です。
 
新商品やサービスは、複雑な説明が必要なものは売りにくいです。
 
「分かりやすさ」を追求していきましょう。
 
 
 
他にもまだあるのですが、今回はこの辺にしておきます。
 
ご参考になれば幸いです。