仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

スムーズな起業方法

2018年8月1日
先日、宮城県中小企業診断協会の研修交流会で講演させていただく機会をいただきました。(「知らないでは済まされない!?中小企業診断士による海外展開支援」というタイトルです)
 
比較的診断士になって日が浅い方が多く集まる場だったので、参考になるかと思い、私自身が診断士になるきっかけをちょっと長めにお話しさせていただきました。(講演テーマからはだいぶ外れましたが)
 
その中で最初に独立した時の話もしました。
 
このブログでも何度か書いていますが、私の最初の起業は失敗しています。
ただ、スタート時はとても順調だったのです。
 
その大きな理由としては、初めからお客さんが付いていたことです。
しかも生活していくには十分な金額をいただくことができていました。
 
 
起業時に大事と言われる自己資金もたいしてない状態(数十万円レベル)でしたが、初めから売上の見込みが立っているので、特に問題にはなりませんでした。(事業内容的に初期投資がほとんどいらないというのもありましたが)
 
 
一般的にはある程度の資金を用意してから起業し、その資金を削りながら売上を上げるための営業活動を行うというパターンが多いのではないでしょうか。
 
この場合、資金が尽きるまでに収支がプラスにならないとアウトなわけですが、このプレッシャーはかなりのものです。
場合によっては、お金のことで頭がいっぱいになり、事業そのものに頭が回らなくなってしまいます。
こうなってしまっては、上手く行くものも駄目になってしまいますね。
 
 
私の場合は最初のうちはほとんどお金の心配をすることなく、事業活動に集中していたので、スムーズに起業できたわけです。
 
 
要は自己資金1000万円で当初売上0よりも、自己資金0でも当初売上が月々50万でもあったほうが順調に立ち上がる可能性が高いということです。
 
 
最初からお客さんを付けておく方法としては、
・サラリーマンを辞める前に仕事出してくれそうな人にお願いしておく(社交辞令の見極めは必要)
・最初は副業で始め、本当にお客さんが付いてきたら本格的に独立する(副業がやりやすい事業でないと難しいですが)
・元勤務先から仕事を分けてもらう(円満退社が必要なのと、元勤務先の考え方や仕事内容によっては難しい場合もある)
 
あたりが王道でしょうか。
 
 
事業内容によっては難しい場合もあるのですが、リスクを抑えてスムーズに立ち上げるためにも、最初からお客さんを付けて売上を確保する方法を考えてみてはいかがでしょう。
 
ただ、スムーズに起業したからといって、その先うまく経営していけるかどうかは別の話というのは、私の例からもわかる通りですのでご注意ください。
 

小規模事業者持続化補助金の採択結果が発表されました(平成29年度補正予算)

2018年7月25日
先日、7/19(木)に小規模事業者持続化補助金の採択結果が発表されました。
商工会議所エリア
http://h29.jizokukahojokin.info/index.php/saitakusha29/
 
商工会エリア
http://www.shokokai.or.jp/?post_type=annais&p=6129
 
 
まだ正確な数字は把握できていませんが、周囲の話を聞いていると、今回の採択率は高かったようです。
 
採択された事業者の方、おめでとうございます。
 
過去エントリーでも書きましたが、初めて補助金に採択された方向けに、改めて補助金活用の際の注意点を書いておきます。
 
1.書類の取得、整理、保存をきちんと行う
補助金を始めて使ったという方からは、書類の作成や整理が大変だったという声を多く聞きます。
経費を使うためには、基本的には1つ1つの出費に対して、見積依頼書、見積書、発注書、注文請書、納品書、請求書、領収書を全て揃える必要があります。(経費内容によって一部異なります)
事業者によっては、これまでの商取引で使ったことの無いような書類や、購入や申込の際に、こちらから要求しなければもらえない書類などもあります。
 
使用経費の1つ1つについて、必要書類をよく確認の上、漏れなく取得、整理していってください。
これが漏れてしまうと、その分の経費が認められず、補助金が減額になってしまいます。
 
 
2.計画の変更は認められない場合もある
申請の時に提出した計画を変更しようとする場合は必ず補助金事務局に確認してください。
書類での変更申請が必要な場合もありますし、場合によっては変更が認められないこともあります。
 
無断で計画を変えてしまうと、補助金が減額、最悪、取り消しになってしまう可能性もあるのでご注意ください。
 
また、出費経費の変更にも色々と制約があります。例えば予定していた広告(広報費)をやめて、代わりにアルバイト(雑費)を使おうとしても、申請時に計上されていなかった経費を後から申請することはできないことが多いです。
 
細かい内容は補助金ごとによっても異なりますので、細かいことは採択後に郵送されてくる「補助事業の手引き」の冊子で確認、または事務局に確認するようにしてください。
 
 
3.実際にお金がもらえるのはかなり後
補助金がもらえるといっても、実際にお金が入るのはかなり後です。
事業が全て終了し、各種書類と共に終了報告を補助金事務局に行って書類検査が通ったあと、そこから数ヶ月かかると思ってください。
 
参考までに、去年度の持続化補助金で、当社は12月に終了報告を出しましたが、最終的に補助金が入金になったのは翌年の3月です。
 
くれぐれも資金繰りにはご注意ください。
 
 
細かいことは商工会議所や商工会のホームページや、「補助事業の手引き」の冊子に記載があります。
また、これから商工会議所や商工会で説明会等も開催されるはずですので、そちらに参加されることをお勧めします。

本番直前が一番伸びる!

2018年7月18日
今回は経営というテーマからは外れますが、資格などの試験は本番直前が一番伸びるというお話です。
 
元々、経営者の方々は勉強熱心な方が多く、様々な資格試験にトライされている方もいらっしゃるでしょう。
 
先日も中小企業診断士試験を勉強中という社長さんが、「試験本番まで一か月を切ったけれど合格ラインに達していない」とボヤいていたので、ついつい熱心に試験対策について助言してしまいました。(経営課題はそっちのけで(苦笑))
 
 
助言内容を要約すると、「本番直前が一番伸びるので最後まで諦めないで!」ということです。
 
だいたいの資格試験というのは、勉強時間と得点力は綺麗な正比例で伸びていくわけではありません。
時間をかけてもさっぱり伸びない時期がしばらくあって、あるタイミングで何かに目覚めたかのようにいきなり伸びるタイミングが来た後、また緩やかなカーブに戻るといった、S字型を描くことが多いです。
試験勉強慣れした方であれば、なんとなく実感あるのではないでしょうか。
 
この伸びは往々にして、試験直前のタイミングに来ることが多いです。
理由としては、直前ならではの集中力や緊張感だったりもあるのでしょうが、個人的には無意識に試験日から逆算していて、来るべきタイミングで覚醒しているのだと思っています。
 
もちろん最後まで諦めないことが大前提です。
受験しなければ100%合格はありませんが、受験すればまぐれでも何でも合格する可能性は1%はあるかもしれない。
 
是非、受験する以上は合格するつもりで受験してください。
 
 
余談ですが、私もこのあいだ中国語検定というものを受験してきました。
正直なところ、試験会場ではあまり手ごたえを感じなかったのですが、運の良さもあってか合格することができました。
 
中国語検定は半分趣味みたいなものですが、それでも受験するからには日々コツコツ勉強してきたわけです。
その成果が実るとやっぱり嬉しいですね。