仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

中国越境EC参入にはモール出店しか選択肢がないのか?

2018年4月9日
ここ数年で”越境EC”というキーワードはだいぶ浸透してきた気がします。
 
国別に見ると、販売先のトップとしてはやはり中国です。
だいたい、中国(台湾、香港を除く)と北米+欧州が同じくらいの規模になっています。
中国1国だけで、北米と欧州の合計と同じということで、中国越境EC市場がいかに大きいかがおわかりいただけるかと思います。
 
しかし、この巨大市場をめがけて、世界中から企業が参入してきているので、世界一競争が激しい市場といっても過言ではありません。
 
 
中国越境ECというと、少し前までは天猫(T-Mall)やJD(京東)といった大手モールに出店するのが常套手段と言われていました。(これら2大モールは、それぞれ海外企業のみが出店できる越境ECモールが存在します)
 
一番の理由はモールが持つ集客力です。
たくさん人が集まる場所に出店するというのは、越境ECに限らず、当たり前の話ですね。
ただ、最近特に、大手モール(天猫やJD以外にもいくつかあります)への出店は厳しくなってきました。
 
費用が高額である、出店手続きに必要な書類が揃えられないなどもありますが、モール側がブランドを選別してきており、そもそも出店が認められないケースが増えてきています。
 
中国で既に認知され、ある程度の販売実績のある商品(ブランド)か、日本国内で相当の実績のある商品(ブランド)でなければ出店は難しいです。
 
 
では、実績があまりない商品はもう中国に向けて売ることはできないのでしょうか?
 
もう1つの選択肢として、自社サイトでのネットショップ立ち上げという方法があります。
 
しかし、以前はサーバー、決済、集客など様々な問題があり、自社サイトでは難しいというのが一般的な見解でした。
 
ただ、ここ最近になって、サーバーや決済などのインフラ面においては、対応可能なシステムやサービスがでてきているので、問題ではなくなりつつあります。
 
そうすると、残るは集客の問題です。
一般的に、中国人はネットで買い物をするときに検索エンジンで調べて購入するということがあまりありません。
 
多くの人が、直接ネットショップモールから直接買いたいものを探しています。(だからこそ特に中国ではモールの集客力が強いと言われています)
 
 
しかし、最近はモール直接購入だけでなく、SNSやニュースアプリ、動画メディアなど様々な媒体から商品購入に繋がるルートがでてきています。
 
この商品購入ルートをうまく活用すれば、自社サイトでも商品を販売していくことは十分可能になってきているのです。
 
 
もし過去に大手モールに出店しようとして諦めた事業者の方も、自社サイトでの参入を今一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。
 
 
★★★
弊社ではこのたび、中小企業向けに自社サイトによる中国越境EC構築プランをリリースいたしました。
 
自社サイトによる中国越境EC構築プランのご紹介
http://plan02.china-ec-support.com/
 
これまでお問い合わせいただいていたお客様から「モール出店はハードルが高い。とはいっても自社サイトでは集客が難しい」という声を多数いただいており、今回のプランでは自社サイトの構築と集客施策をセットでご提案するプランとなっております。
 
また、コスト面においても極力抑えた形にしてありますので、低リスクかつ高い費用対効果が見込めます。
 
今ならIT導入補助金活用により、最大50万円の補助が受けられます。
補助金活用に必要な計画書策定や申請手続きは全て弊社で対応いたしますのでご安心ください。
 
本プランについてのお問い合わせはこちらからどうぞ。
http://plan02.china-ec-support.com/contact/