仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

12

いきなり手段を考えない

2018年10月29日
今回は問題解決の基本的なことについて書きます。
 
私はこういう仕事なので、企業経営者から様々な問題やお困りごとについてのご相談をいただきます。
 
特によろず支援拠点などの公的支援機関経由でご相談にいらっしゃった方の場合、ご相談内容は多岐にわたります。
 
その中で、
「〇〇という問題が起きている。解決方法を教えて欲しい」
 
「売上を伸ばすために最近流行りのSNSでの集客を取り入れたいのだがどうすればよいか」
 
といった、直接的な解決方法や、具体的手段を尋ねられることがしばしばあります。
 
 
もちろん、何かしらお困りだから解決策を求めていることはわかります。
しかしこういったご相談に対して、すぐに解決手段である具体策を助言しようとしても、的外れになってしまったり、一時しのぎの対処になって根本的な解決には至らないことがほとんどです。
 
 
問題解決のためには、解決策の検討に入る前に原因の究明が必要です。
何故その問題が起きているのかということを考えて、問題発生の原因を究明し、その原因の方を潰さないと、またすぐに別な問題が発生します。
その場しのぎの対処を繰り返すだけでは、いつまでたっても問題解決はしません。
 
 
また、先ほどの例のように「売上UP⇒SNSで集客」のように、いきなり手段の話に入るのもよろしくありません。
 
売上UPのためには、様々な選択肢があるはずです。
小売店を例に考えれば、商品値上げ、新商品開発、セット商品の作成、売り場レイアウトの変更、チラシ配布、クーポン発行、Webサイト制作、Web広告実施・・・などちょっと考えただけでもこれだけの選択肢があがります。
 
その中からSNSで集客が一番いい選択肢だという判断ができているのならばいいのですが、「最近SNS集客が効果あると聞いたので」ということで、いきなり「SNS集客に取り組みたいです」というのは残念ながら上手くいかない可能性が高いです。
 
 
そしてそもそも、売上UPが本当に問題解決に繋がるのかどうかも考えなければなりません。
たとえば資金繰りが厳しいのであれば、キャッシュフローの改善が必要ですが、単純に売上UPだけ考えていると、売上が上がったとしてもその分経費が増えた、運転資金が増えたなどの理由で資金繰りはさらに厳しくなった・・・などということも十分あり得ます。
 
 
ですのでやはり、いきなり具体策の検討に入るのではなく、その根っことなっている問題の原因は何なのかということを考えていく必要があるのです。
 
 
そうはいってもなかなか一人で考えるのは難しいです。どうしても主観が入るし、視野も狭くなってしまいがちです。
 
やはりこういった検討は複数人、できれば利害関係のない第三者を交えてやった方がよいでしょう。
 
 
よろず支援拠点などの公的支援機関を活用すれば無料で相談することもできます。
・宮城県よろず支援拠点
 
是非、ご活用ください。

謙虚さを忘れない

2018年10月22日
先日の日曜日は中小企業診断士の二次試験(筆記)でした。
 
今年も試験監督をさせていただいたのですが、試験会場で受験生の方々の真剣な様子を間近で見ると、自分が受験していた頃のことを思い出し、初心に帰ることができます。
 
 
私は中小企業診断士として登録してから丸5年が経過し、この間更新登録手続きを行いました。(中小企業診断士は5年に一度、更新手続きを行う必要があります)
 
もはや新人とはいえず、中堅としての自覚をしっかり持っていかねばと思います。
 
6年目を迎えるにあたって、最近よく意識しているのは、「謙虚さを忘れないでいるか」、「傲慢になっていないか」ということです。
 
 
今は、お客様、お取引先、諸先輩方や仲間に恵まれたおかげで、数多くの有意義な仕事をさせていただき、充実感を得ることができています。
 
しかしこれが当たり前と思ってはなりません。
 
 
傲慢になり、調子に乗っていると、いつかは己の身を滅ぼすことにつながります。
 
私は過去の失敗談についてはオープンに話しているのでご存じの方も多いと思いますが、間違いなく大きなご迷惑をおかけした方々がいらっしゃいます。
 
また、家族にも心配をかけてしまいました。
 
 
同じ過ちを二度と繰り返さないためにも、少し上手くいったからといって調子に乗らないようにします。
 
常に驕らず、謙虚でありたいものです。
 
また、当社に期待してくださるお客様のためにも、もっと高い価値が提供できるように精進していきたいと思います。
 
 
今回はほとんど自分に向けたメッセージになってしまいましたが、関係各位の皆様、引き続きご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

比較優位を踏まえた役割分担

2018年10月14日
前回の機会費用に引き続き、経済学上の概念を経営に活用する方法をご紹介します。
 
今回は比較優位です。
 
最初に比較優位とはなんぞや?ということですが、ウィキペディアによれば、「自由貿易において各経済主体が(複数あり得る自身の優位分野の中から)自身の最も優位な分野(より機会費用の少ない、自身の利益・収益性を最大化できる財の生産)に特化・集中することで、それぞれの労働生産性が増大され、互いにより高品質の財やサービスと高い利益・収益を享受・獲得できるようになることを説明する概念」ということです。
 
この説明を読んでもちょっとピンとこないかもしれませんね。
 
例えば、工業製品の生産が得意な国と、農業が得意な国があったとして、それぞれが得意分野に集中特化して互いに貿易をした方が、各国が独自に工業製品生産、農業生産を両方行うよりも大きな利益を得られるということです。
 
 
この考え方を活用して、会社の中の業務役割分担を考えることができます。
例えば、営業が得意なA君と、企画書作成が得意なB君がいたとします。
A君は1時間でアポ4件取れる代わりに、企画書は2つしか作れません。
B君は1時間でアポは1件しか取れませんが、企画書は4つ作れます。
 
そうであれば、当然、営業はA君に、企画書はB君に作らせるのが効率的ですね。
2人合わせて1時間でアポが4件取れて、企画書が4つ作れることになります。
 
では、仮にB君が仕事に就いたばかりで、1時間でアポ1件、企画書も1つしか作れなかったとしたらどうでしょう。
営業も、企画書作成もA君に劣るB君は、職場において活躍の場所はないのでしょうか。
 
 
しかし比較優位の考え方を活用すれば、たとえ全ての能力が劣っていたとしても、その人が特化すべき点に集中すれば、全体の利益の拡大に貢献することができるのです。
 
ここで前回ご紹介した機会費用の考え方を使います。
機会費用の定義は「ある選択肢を選んだ際に、他の選択肢を選べば得られたであろう最大の利益」です。
(詳しくは前回エントリー参照)
 
まずA君。
アポ取得1件あたりの機会費用は企画書0.5分です。(アポ1つ取るために、企画書0.5分を失ったと考えます)
これに対して企画書1つ作成をした場合の機会費用はアポ2件分です。
 
次にB君。 アポ取得1件あたりの機会費用は企画書1つです。
これに対して企画書1つ作成をした場合の機会費用はアポ1件分です。
 
企画書作成で考えれば、A君よりB君の方が機会費用が小さいことがわかりますね。
(ここでは、アポ1件と企画書1件は等価と考えます)
よって、B君は機会費用で優位にある企画書作成に集中することで、全体としては成果物を増やすことができます。
 
 
例えば、A君、B君ともに4時間を営業と企画書作成にそれぞれ2時間ずつかけた場合。
A君はアポ8件、企画書4つ。
B君はアポ2件、企画書2つ。
合計でアポは10件、企画書は6つです。
 
これに対して、A君は営業に4時間、B君は企画書作成に4時間かけた場合。
A君はアポ16件、企画書0。
B君はアポ0件、企画書4つ。
合計でアポは16件、企画書は4つです。
 
ここではアポ1件と企画書1つは等価として考えているので、合計成果物数で比較すると後者の方が4つも増えることになります。
 
 
いかかでしょう。一度文章を読んだだけで理解することは難しいかもしれませんが、ご自身でゆっくり計算されるとわかるはずです。
 
 
ここで言いたかったことは、たとえ全てで能力が劣っている社員でも、必ず活躍の場所はあるということです。
比較優位の考えをもとに業務配分を行えば、全体の利益拡大に繋がります。
 
大事なことは適材適所の役割分担ということですね。
そのためには各社員の強みを見つける必要があります。
 
 
以上、ご参考になれば幸いです。
12