仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

12

買掛金と資金繰り

2018年8月27日
前回エントリー「売掛金と資金繰り」に引き続き、今回は買掛金と資金繰りの関係について書きます。
 
 
まずは基本的なところから。買掛金とは仕入れ代金の未払い分のことです。
たとえば当月の仕入れ分について、月末にまとめて仕入先から請求が来て、翌月末に支払うような取引形態は多いと思います。
 
売掛金とは逆で、買掛金は多ければ多いほど、資金繰りとしては楽になります。
買掛金は将来支払わなければならないという義務ではありますが、見方を換えると無利息で取引先からお金を借りているともいえます。
 
買掛金を増やすには、仕入れの掛け取引を増やし、支払いサイト(請求から支払いまでの期間)を長くします。
 
売掛金の支払いサイトよりも、買掛金の支払いサイトの方が長くできると、支払いの前に入金が来るので、資金繰りは楽になります。
 
これから起業しようと考えている方や、新たな事業を始めようとしている場合は、売掛金、買掛金双方の支払いサイトの組み立てはよく検討した方がよいでしょう。
何度も書きましたが、資金繰りが詰まったら会社はお終いです。
 
 
そうはいっても、買掛金の支払いサイトは延ばせばいいというものでもありません。
 
まず、相手側にとっては入金が遅くなるので当然嫌がられます。
取引条件が合わないということで取引してもらえないかもしれません。
 
取引してもらえたとしても、業界標準より長い支払いサイトだと、「この会社は大丈夫なんだろうか」という不安を抱かせてしまったり、そのリスクを価格に反映されて高い価格提示がされる可能性もあります。
 
また、下請法に該当する取引の場合、成果物の受領から60日以内に支払う義務がありますので、その点も注意が必要です。
※下請け法については公正取引委員会のウェブサイトをご覧ください。
 
 
関連エントリーとして、運転資金シリーズもご興味あれば併せてご覧ください。
 

売掛金と資金繰り

2018年8月20日
前回エントリー「在庫は本当に悪か?」とも若干関連がありますが、今回は売掛金と資金繰りの関係について書きます。
 
 
まずは基本的なところから。売掛金とは売上代金の未回収分のことです。
たとえば当月の販売分を月末にまとめて請求して、翌月末に支払ってもらうような取引形態は多いと思います。
 
この売掛金の売上高に占める比率が同業と比べて大きい、または自社の過去と比べて大きいような場合は、多額のキャッシュが必要な状態である場合が多いので資金繰りに注意が必要です。
 
取引先からの要請で、支払いサイト(請求から支払いまでの期間)を伸ばすこともあると思いますが、それで資金繰りが回るかどうかは必ず確認してください。
 
支払いサイトは短い方が資金繰りは楽になります。例えば現金商売の飲食店や小売店などは資金繰り的には楽な業種です。
 
これから起業しようと考えている方や、新たな事業を始めようとしている場合は、ビジネスモデルの組み立てとして、売掛金をなるべく早く回収できる形を検討しましょう。
 
売上が増えれば増えるほど、支払いサイトが資金繰りに与える影響が大きくなってきます。
 
 
ただ、なんでもかんでもすぐに回収すればいいというものでもありません。
例えば現金販売の場合と掛け売りの場合で価格が異なる場合などは、資金繰りと利益率の両方を天秤にかけて考える必要があります。 (一般的に現金販売の方が販売価格は安くなりがちです)
 
また、最近は売掛金の早期回収サービスが出てきていますが、これも手数料に注意する必要があります。利幅が薄い商売をしている場合、この手数料だけで利益が無くなってしまう恐れがあります。
 
今は金融機関の融資金利が低いので、金融機関から融資が受けやすい状態なのであれば、運転資金は金融機関から調達することを主眼に置いてもいいでしょう。
ただし、その場合、運転資金融資を受け続けられるだけの財務体質を維持することは必須です。運転資金調達の金融機関依存度が高まった状態で融資が止まったら即死ですよ。
 
 
なお、過去にも運転資金シリーズとして、売掛金、買掛金、在庫と資金繰りの関係を書いていますので、ご興味あれば併せてご覧ください。(ちなみにこの運転資金シリーズは当ブログの人気記事になっています)
 

在庫は本当に悪か?

2018年8月15日
先日、参加したセミナーを聞いて思い出したことがあったので書いておきます。
 
唐突ですが、皆さんは在庫と聞いてどんな印象を抱くでしょう。
なんとなく悪い物という印象を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
悪い印象を抱いている方は、大量の売れ残り商品だったり、無駄に仕入れられた材料だったりをイメージされているのだと思います。
 
また、税理士の先生などからは、在庫の金額が多いと、「社長、もっと在庫減らした方がいいですよ」と言われてしまいがちです。
 
しかし、在庫は本当に悪なのでしょうか。
 
 
在庫には大きく分けて2つあります。
デッドストックとランニングストックです。
 
デッドストックとは、売れ残り品や長期間倉庫などに置かれた商品などのことをいいます。これは皆さんがイメージしている”悪い在庫”そのものですね。
確かにデッドストックについては、少なくしていった方がいいでしょう。
 
ただ、もう1つのランニングストックは直訳すると運転在庫ですが、要は経営に必要な在庫ということです。
これが無いということは、売る商品が無いということなので、そもそも売上を上げることができませんね。
(もちろん、在庫の概念が無いビジネスモデルもあるのですが、それは別の話としてお考え下さい)
 
適切なランニングストックを持っていないと機会ロス(チャンスロス)を引き起こします。
機会ロスとは、お客さんが求めていたにも関わらず、商品が無いことで販売の機会を逃すことです。
 
ちなみに大手コンビニチェーンは、この機会ロスを防ぐために、実際の販売量より少し多めに発注されるようにシステム化されています。
 
 
機会ロスが怖いのは、これによる売上減少は決算書の数字上には表れないことです。
私のような仕事だと、売上減少の原因を探るために決算書分析から入ることはよくありますが、機会ロスが原因の場合、いくら決算書を分析してもわかりませんのでご注意ください。
 
この機会に今一度、御社の適正在庫について考えてみてはいかがでしょうか。
12