仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

自己開示をすることで親近感を持ってもらう

2018年9月10日
今日は最近改めて思ったことを書いてみます。
コミュニケーションがお上手な方にとっては当たり前のお話かもしれませんが、今日はそうではない方向けです。
 
私はどちらかというと、自分から話すよりは、相手の話を聞いていることの方が多いです。
 
家庭では9割方、妻や子供たちの話を聞きますし、仕事でも基本的には相手のお話をしっかり聞いてから、助言や提案をするようにしているつもりです。
 
 
人とのコミュニケーション関係の本などでも、だいたい「聞き上手であれ」といった方向性で書かれていることが多いです。
 
実際、聞き上手の人と話していると、話すのが楽しくなりますよね。
 
 
ただ、初対面の時などはお相手が自分に対して警戒心を持っていることがあります。
加えて、自分との会話にあまり意欲がない、または自発的な会話があまり得意ではないような場合は、お相手はあまり口を開かないので、こちらから会話をしていくことになるのですが、その際に相手への質問ばかりしてしまうと、人によっては不愉快な気持ちになってしまいます。
 
「そんな根堀り葉堀り私のこと聞いてどうするの?」
といった感じですね。(私の聞き方がまずかったのかもしれませんが)
 
 
そんなときは始めは適度に自分の話から始めた方がいいでしょう。
自分の話ばかりになると、それはそれで嫌がられますが、自分の話をした後に、「〇〇さんはこの辺りってどうなんですか?」みたいな振り方をすると相手も話しやすくなるはずです。
 
 
要は自己開示を先にしましょうということです。
先に自分のことを話すことで、警戒心が薄れ、この人になら話してもいいかなと思っていただくわけですね。
 
 
こんなことコミュニケーションの基本中の基本なのだと思いますが、ついつい忘れがちになってしまう私のような方は是非思い出していただければと思います。