仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

本番直前が一番伸びる!

2018年7月18日
今回は経営というテーマからは外れますが、資格などの試験は本番直前が一番伸びるというお話です。
 
元々、経営者の方々は勉強熱心な方が多く、様々な資格試験にトライされている方もいらっしゃるでしょう。
 
先日も中小企業診断士試験を勉強中という社長さんが、「試験本番まで一か月を切ったけれど合格ラインに達していない」とボヤいていたので、ついつい熱心に試験対策について助言してしまいました。(経営課題はそっちのけで(苦笑))
 
 
助言内容を要約すると、「本番直前が一番伸びるので最後まで諦めないで!」ということです。
 
だいたいの資格試験というのは、勉強時間と得点力は綺麗な正比例で伸びていくわけではありません。
時間をかけてもさっぱり伸びない時期がしばらくあって、あるタイミングで何かに目覚めたかのようにいきなり伸びるタイミングが来た後、また緩やかなカーブに戻るといった、S字型を描くことが多いです。
試験勉強慣れした方であれば、なんとなく実感あるのではないでしょうか。
 
この伸びは往々にして、試験直前のタイミングに来ることが多いです。
理由としては、直前ならではの集中力や緊張感だったりもあるのでしょうが、個人的には無意識に試験日から逆算していて、来るべきタイミングで覚醒しているのだと思っています。
 
もちろん最後まで諦めないことが大前提です。
受験しなければ100%合格はありませんが、受験すればまぐれでも何でも合格する可能性は1%はあるかもしれない。
 
是非、受験する以上は合格するつもりで受験してください。
 
 
余談ですが、私もこのあいだ中国語検定というものを受験してきました。
正直なところ、試験会場ではあまり手ごたえを感じなかったのですが、運の良さもあってか合格することができました。
 
中国語検定は半分趣味みたいなものですが、それでも受験するからには日々コツコツ勉強してきたわけです。
その成果が実るとやっぱり嬉しいですね。