仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

お勧めスマホアプリ(1/2)

2016年10月5日
先日、スマートフォンを買い換えました。
 
多くの方から、私はIT系の人だと思われているようなので、色々こだわっていそうに見えるかもしれませんが、実際のところあまりこだわりありません。
2年~3年の間、必要な機能を満たしてそこそこちゃんと使えればそれで十分なのです。
ということで、パッと見て機能的にまずまずで価格も安いSHARPのSHV35という機種にしました。
 
スマホ買い替えで面倒なことの1つとして、アプリの再インストールと設定があります。
新しいスマホを受け取った後、何時間もかけてせっせとインストールや設定作業を行っていたのですが、私は少ないながらも定番で使っているアプリがあり、もしかするとそれは他の人にとって役に立つ情報なのではないかと思って、今回ブログでご紹介することにしました。
 
なお、スマホをバリバリ活用されている方にとってみれば、当たり前のものが多いかと思いますのであまり参考にならないと思います。
また、私はandroidユーザーなので、一部、iPhoneユーザーの方には役に立たない部分もあるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。
 
○ジョルテ(カレンダーアプリ)
http://www.jorte.com/jp/
スケジュール管理のためのアプリです。
私はスケジュール管理は紆余曲折の末、PCではGoogleカレンダーを使い、出先ではスマホでこのアプリを使うことにしています。
 
昔はスマホのGoogleカレンダーアプリの品質が悪く、Googleカレンダーと連携できるアプリを探していたときに見つけたのがこのアプリです。(今はGoogleカレンダーアプリも進化しているはず)
回線が繋がらなくても、ローカルでとりあえず入力しておけるのがありがたいです。
(Google系が一切繋がらない中国で重宝しました)
 
 
○ekitan(路線検索アプリ)
http://ekitan.com/
駅探。正式名称は「駅前探検倶楽部」のはずですが、あまり正式名称では見かけなくなりました。
ウェブサービスとしてはもう10年以上運営されている実績があり、数々の類似サービスの中でもトップクラスの品質ではないでしょうか。(個人的感想)
 
東京で働いていた頃は終電帰りが多かったので、終電検索にはずいぶんお世話になりました。(発駅と着駅を入力すると、終電時間がわかります。昔は「今日は帰れる?」みたいなメッセージが出てた気がします)
今はいつの間にか無料で仙台市営バスにまで対応しているので重宝しています。(前はバスは有料サービスだった気がします)
 
 
○Evernote(情報整理アプリ)
https://evernote.com/intl/jp/
最近、無料プランでの端末数制限や有料プランの値上げで騒ぎになっていたEvernoteですが、やはり色々メモを整理する上では便利です。 私は今はメインPCで1つ、スマートフォンで1つ使っています。
 
ちなみに私がEvernoteでメモしている内容としては、「いつかやりたいこと」、「事業ネタ」、「ノウハウ本やセミナーなどで得た使えそうなネタ」、「嫁に依頼された買い物メモ」、「スピーチ原稿」、「飲食店情報」、「読みたい本リスト」、「経費メモ」、「自己分析」、「ダイエット記録」、「過去の振り返り」、「スキル獲得計画」、「3ヵ年計画」、「年間行動計画」などです。
 
 
○楽天EDY(電子マネー)
https://edy.rakuten.co.jp/
プリペイド型としては使えるお店&利用者数でNo.1のEDYのアプリです。
特長としては楽天ポイントが貯めやすいということです。楽天カードからであれば、チャージ金額100円ごとに1ポイント付与に加え、支払い200円ごとに1ポイント付与されます。
 
私はポイント系は楽天ポイントにほぼ集約させているので、楽天カード&EDYだけでダイヤモンド会員が余裕で維持できるくらいにポイントが貯まります。
そして貯まった楽天ポイントはEDYに換えることができるので使い勝手も良いです。
 
楽天は人によって好き嫌いあるので万人にはお勧めできませんが、EDYは使える店も多いので単純に電子マネーとしても便利です。
 
 
残りは次回ご紹介します!

ホームページって必要?

2016年6月5日
今でも時々受ける質問で、「うちの会社にホームページって必要でしょうか?」というものがあります。
 
確かに、ネットからの注文や問い合わせは想定していないだとか、ビジネスの仕組上、ネットで集客する必要がない場合は、ホームページは不要なのではないかと考えても不思議ではありません。
 
しかし、事業者である以上、ホームページは必要だと思います。
特に、販売先が法人、いわゆるBtoBビジネスの場合は。
 
 
新しい取引先候補として商談を行う際には、やはり事前に相手の会社のホームページを見ようと思いませんか?
 
新規取引先からの受注獲得においては、どれだけ相手から信頼度が得られるかが重要なポイントになります。
 
これだけホームページが世の中に普及してくると、「ホームページが無い会社」というのは、それだけで信頼度が下がってしまいます。
そして、この先、ますますその兆候は強くなるでしょう。
 
最近はjimdowixといった、ネット上で無料ホームページ制作ができるツールも充実してきています。
 
もし、まだホームページを作っていないという事業者の方は、まずはシンプルな会社案内的なもので構わないのでホームページを作っておくことをお勧めします。

名刺管理システム「Eight」のご紹介

2016年2月7日
名刺管理についてはこれまでは名刺ファイルに入れて管理していたのですが、名刺の数が増えるにつれていざ見たい名刺を探すのに苦労していたので、そろそろなんとかしたいということで、名刺管理システムを探していました。
 
 
先日、IT活用習慣の専門家である柳澤克彦さんに「Eight」がおススメですよとご紹介されたので使ってみることにしました。
https://8card.net/
 
 
個人的な1番の決め手は、これまでの名刺をスキャン代行してもらえる点です。
通常、この手の名刺管理アプリは、スマホを使って名刺を1枚1枚撮影して登録していくものが多いですが、今持っている紙の名刺を全て撮影するというのはなかなか骨が折れる作業です。
 
これをEightが提携している店舗に名刺を持参すると、このスキャン作業を代行してもらえるのです。
http://contents.8card.net/dokodemo_scan/store/
 
その他、出張してのスキャンや、郵送で名刺を送ってのスキャンのサービスもあるようです。
http://contents.8card.net/dokodemo_scan/
 
 
私はカメラのキタムラでスキャンしてもらいまして、今はほとんどの名刺データが登録された状態になりました。
 
これで見たい名刺を探すはだいぶ短縮されましたし、時間外出先でもスマホから必要な名刺データを閲覧することができるのでとても便利だと思います。
 
 
追加の名刺についてはスマホで名刺を撮影してスキャンしていくのですが、1日数枚程度であればさほど苦にはなりません。
 
プランとしては、無料プランと有料プランがあるのですが、まずは無料プランで試してみるといいと思います。
 
ただ、無料プランだと名刺を撮影してから実際にデータ化されるまでに時間がかかります。有料プラン(月400円、年間4,000)だとこの時間が1/3になるらしいので、名刺枚数が多い方は有料プランを検討してもいいかもしれません。
また、名刺データをcsv等でダウンロードできる機能も有料版のみです。
無料版と有料版の違いは以下URLを参照ください。
https://8card.net/premium
 
とはいえ、無料版でも十分利便性は実感できると思いますので、興味ある方はまずは無料版で試してみてはいかがでしょうか。