仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

信頼獲得ツールとしてのFacebook活用法 前編

2017年12月4日
本日は宮城県商工会連合会様の「SNSセミナーフォローアップ研修」ということで、SNSを販路拡大に活用されている事業者様へのアドバイスを行ってきました。
 
そこではSNS(Facebook)を販路拡大、売上獲得にどう繋げるかということが主なテーマでしたが、SNS、特にFacebookにおいては、信頼獲得のためのツールとしても有用です。
 
 
そこで、今回と次回に分けて、Facebookを信頼獲得ツールとして活用するためのポイントについて書いてみたいと思います。
 
今回は基本中の基本として、基本データ(プロフィール)の整備のポイントについて2点挙げておきます。
 
 
まず1点目は「情報は可能な限り記入する」ということです。
Facebookの基本データ欄は非常に充実しているので、初めての登録の際には、どこまで記入をしていいのか迷う人もいるかもしれません。
 
「できるだけ多くのユーザーと信頼関係を作っていく」という目的がある場合は、「公開して問題ない情報はできる限り公開していく」というスタンスがおすすめです。
 
人は共通点のある人に惹かれます。たくさん情報を書いておくことで、どれか1つが引っかかる可能性が高まります。
 
ただし、知り合いでない方にもプロフィールは見えてしまいますから、携帯電話の番号など、「すでに面識がある知り合いにしか知られたくない」情報がある場合は、それだけ非公開としてください。
 
 
次に2点目は「プロフィールの写真」についてです。
写真は非常に重要です。第一印象をよくすることはもちろん、皆さんの友達はFacebook上で皆さんのプロフィール写真を見続けます。
是非、明るいところで撮影された笑顔の写真を利用しましょう。
 
特に男性は人によっては「なんだかこの人怖そう」と思われてしまうことがあります。
「怖い人キャラ」で売っていくのでなければ、是非、明るい笑顔で写真を撮っておきましょう。
 
個人アカウントのプロフィールについては、特にビジネスとプライベートをだいたい半々くらいで書くことを目安とするとよいでしょう。
 
あまり固い内容ではなく、人柄が伝わる内容のほうが好感を持たれます。
「親しみやすさ」に加え、皆さんのビジネスなどに対する「想い」が伝わる文章を心がけましょう。
 
 
次回エントリーでは投稿内容について書きます。

無料ホームページサービスのメリット/デメリット

2016年10月18日
最近、これまでホームページを持っていなかった企業さんから、「ホームページを作りたい」というご相談をいただくことが多いです。
 
ひと昔前までは、ウェブサーバーを用意して、HTMLや画像等の素材を作成して、アップロードするという作業が必要で、あまりITに詳しくない人にとっては、ハードルの高いものでした。
 
それが今では、Jimdo(ジンドゥ)、Wix(ウィックス)など、無料でホームページを作れるサービスがたくさんあり、比較的簡単に、それなりのホームページを作ることができるようになっています。
 
しかし、当然ながら無料である以上、何かしらのデメリットはあるものです。
そこで、今日は無料ホームページサービスのメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。
 
○メリット
・無料である
無料であること、これが最大のメリットです。
 
 
○デメリット
・ホームページ内容とは関係ない広告が表示される
サービス料金は無料である代わりに、広告が表示されるサービスが多いです。
場合によってはホームページ内容とは全く関係ない広告が表示されるので、ホームページを見た人に違和感を与えてしまいます。
 
・テンプレートに制約を受ける
無料ホームページサービスは最初にテンプレートを選んで、そこから内容を作成していくスタイルのものが多いです。
テンプレートをカスタマイズすることはできなくはないのですが、難易度は高いです。
また、無料ホームページサービスの利用者が拡大していることで、他人に同じテンプレートが使用されてしまう可能性が増えてきています。
 
・移転がしにくい
仮にサービス内容に不満があって、他のサービスに移転、または新たに自分でホームページを作成しようとしても、データの移行がやりづらいことが多いです。
 
・サービス終了のリスク
これが一番のデメリットですが、サービスが終了してしまうと、自分のホームページも一緒に消えてしまうことです。
無料サービスを提供している事業者の運営が芳しくないと、数年でサービス終了になるケースはそんなにめずらしいことではありません。
 
 
個人的には、無料ホームページサービスは、「とりあえずホームページがほしい」、「試しにホームページを開いてみたい」といった場合に向いているサービスだと思います。
 
ある程度結果が出てきて、本格的にWeb活用をしていきたいといったときには、やはり自前で作成した方がよいでしょう。

お勧めスマホアプリ(2/2)

2016年10月11日
前回に引き続き、私が個人的に使っているお勧めアプリのご紹介です。
 
繰り返しになりますが、私はandroidユーザーなので、一部、iPhoneユーザーの方には役に立たない部分もあるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。
 
○Eight(名刺管理アプリ)
https://8card.net/myhome
以前もご紹介した名刺管理アプリです。
 
名刺管理アプリが色々ある中で、一番の決め手になったのは、これまでの名刺をスキャン代行してもらえる点でした。
 
外出先でこれから会う人の情報が知りたい時ってありませんか?
そんな時もアプリから簡単に検索して表示できるので非常に重宝しています。
 
名刺情報登録はスマホのカメラで撮影するだけです。
この点は他の類似アプリも同様ですが、Eightの場合は入力は自動ではなく、人力でやっているので入力精度が高いことも特長です。
 
 
○Audipo(音声再生アプリ)
Android版
iPhone等のiOS版
 
特に語学の勉強やオーディオ教材系を聞くのに便利なアプリです。
特定部分の繰り返し再生や、再生速度変更、再生位置変更が簡単にできます。
 
私は歩いて移動する際は、ほとんどこのアプリを使って、語学教材か、音声教材を聞くようにしています。
 
 
○Docs To Go(オフィス系ファイルビュアー)
Android版
iPhone等のiOS版
 
オフィス系(Word、Excel、PowerPoint)とPDFをスマホ上で閲覧するためのアプリです。
 
私はPCメールはGmailに転送してスマホでも見れるようにしているのですが、たまにオフィス系ソフトで作ったデータの添付ファイルを確認する必要がある場面があり、そういうときに重宝します。
 
ただし、レイアウトが崩れることなどしばしばあるので、現時点ではあくまで簡易な確認用と思っておいた方がよいでしょう。
 
 
○Image Shrink(画像縮小アプリ)
Android版
スマホで撮影した写真を他の人に送りたいんだけど、通信量は減らしたいから縮小したいんだよなーという時に便利なアプリです。
簡単操作で複数の画像ファイルを一括して縮小できます。
 
 
○花粉ブラウザ(花粉情報アプリ)
Android版
 
花粉症歴33年の私が毎年愛用(?)しているアプリです。
すぐに自分のいる場所の花粉量がわかるので心の準備ができます。
 
 
以上、お勧めアプリのご紹介でした。
あくまで個人の主観なので、その辺を踏まえて参考にしていただければ幸いです。