仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

「失敗しないための経営勉強会in仙台 5月」開催のご報告

2015年5月17日
先日、5/9(土)に創業前後の方向けの経営勉強会、「失敗しないための経営勉強会in仙台 5月」を開催しました。
 
※今回は写真を撮り忘れてしまいましたので写真はありません
 
ゴールデンウィーク直後という日程が悪かったのか、なかなか直前まで人が集まりませんでしたが、結果としては6名もの方にご参加いただけたのでホッとしました(笑)
懇親会は3名と少人数ではありましたが、その分、非常に濃いお話ができたと思います。
(経営に関する話とは限りません)
 
今回のテーマは、「経営に必須となる数字の考え方」ということで、家電量販店や飲食店など身近な例を用いながら、様々な数字のトリックを使って利益を上げる方法についてご紹介しました。
 
参加者の方からは、
「数字は苦手意識があるけど、今回は楽しく勉強できた」
「一見、当たり前に思っていたことも、深い意味があって仕組化されていることに驚いた」
といった声をいただきました。
 
これをきっかけに、身近なことを数字に置き換えて考えてみるクセをつけていただければ、世の中の見る目が変わってくるかもしれません。
 
次回は7/11(土)で同じく仙台市戦災復興記念館で開催予定です。(部屋も同じです)
詳しい内容が決まりましたらご案内しますので、是非、ご参加いただければ幸いです。

当社の会社名の由来

2015年5月10日
前回の記事では、会社名を付ける時に気を付けるべきことについて書きました。
 
その際、「社名の意味を聞かれることは思いのほか多いので、ちゃんと答えられるようにしておきましょう」と書いたこともあり、せっかくなので(?)ここで当社の社名の由来を書いておこうと思います。
 
ジェイドキャットのジェイドは宝石の翡翠(Jade)、キャットは猫(cat)。
翡翠は特に中国では商売の守り神として、身に付けている人が多い石です。
猫は招き猫などがあるように、商売繁盛、売上向上に繋がりそうなイメージがあります。
私は会社名を付ける際に、あまり事業を特定するような名前にはせず、ある意味何でもできるような社名にしようと考えました。
 
では会社名にどういう意味を込めようかと考えた時に、自分の経営における考え方を象徴するような名前にすることにしました。
私は経営は「攻め」と「守り」の両方をバランス良く力配分する必要があると思っているので、売上向上などの「攻め」はキャット(猫)、経営管理などの「守り」はジェイド(翡翠)として、「攻め」と「守り」の2つを組み合わせる形にしたのです。
 
以上が当社の会社名の由来です。
 
ただ、自分で「気を付けるべきこと」に書いておきながら、実は「ジェイドキャット」って電話口で聞き取りづらいし、ちょっと発音しにくいのが残念なところです。
まぁ、愛着はあるので良しとしています。

「失敗しないための経営勉強会in仙台 4月」開催のご報告

2015年4月13日
先日、4/11(土)に創業前後の方向けの経営勉強会、「失敗しないための経営勉強会in仙台 4月」を開催しました。
DSC00857_.jpg
 
今回のテーマは、「数字で経営を考える能力を身に付ける」ということで、売上を上げる対策を考える際に必要な思考プロセスについてお話しました。
経営の数字というと、貸借対照表や損益計算書という単語がでてきて、それを聞くだけで嫌気が・・・という方もいらっしゃいますが、そういった方でもお話を聞いていただけるように、「売上」、「費用」、「利益」以外の会計用語を使わないように気を配ってお話したつもりです。
 
今回お話した内容は、経営判断を行う上での原理原則となる部分なので、色々なことに応用が効きます。
人によってはちょっと取っつきにくい部分もあったかもしれませんが、是非とも身に付けて欲しいと思います。
 
実はこの勉強会、構想自体は1年近く前からあって、一時期、名刺の裏にも書いたことがあったのですが結局やれていませんでした。
理由としては、単純に時間不足だったのですが、このままではいつまでも始められないということで、今月から新年度ということもあり、半ば自分追い込む意味で、会場と日時を決め、参加者を募ることにしました。
 
当日は時間の関係でお話を省きましたが、何故、この勉強会を始めるに至ったのかというと、まず単純に仙台で同じテーマでやっている勉強会が見当たらなかったので自分がやることにしたということです。
今回は試み的な部分もあるので、まずはこれまでご相談いただいた方を中心にご招待させていただきました。
これまでに何かしらの形でご縁がある方たちばかりで、そういった方々に自分と同じような失敗だけはさせたくないという想いも強いです。
結果として、当日は限定して招待したにもかかわらず、9名もの方にご参加いただき、半数以上の方が懇親会までご参加いただけたのでよかったです。
 
また次回もやっていきたいと思いますので、是非、ご参加いただければ幸いです。