仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

会社名を付ける時に気を付けることは?

2015年5月3日
新たに会社を作る時には必ず考えなくてはならない「会社名」。
皆さん、どのように考えていますか?長い時間をかけて色々考える方、直感でパッと決めてしまう方、色々いらっしゃるかと思います。
 
私は名前に愛着持つ方なので、かなり長い時間を使って考えました。
余談ですが、昔、「ドラクエ」などのロールプレイングゲームなどで主人公や仲間の名前を考えるのにもだいぶ時間をかけていた気がします。
「名前がやっぱり気に入らない」という理由だけで、途中まで進んでいたゲームをリセットしたこともあります。
それくらい名前付けは重視しています。
 
そんな会社名ですが、やはり付ける際のポイントはいくつかあります。
 
まずは電話口で相手が聞き取りづらい名前だと、何度も聞き返されたり、間違われたりして苦労するので注意が必要です。一度、他の人に聞いてもらって確認した方がよいでしょう。
 
また、ネット検索してみて同じ名前の会社がある場合は、その会社がどんな事業をしているのかくらいは見ておいた方がよいです。怪しい商売をしている会社と同じ社名だと、自社も変な目で見られかねません。
私の友人で不動産会社をやっているのがいるのですが、昔、耐震偽装等で問題になった会社と社名が同じで、自分の会社にクレーム電話がバンバンかかってきて困った、という話を聞きました。
彼の場合は、既に営業している会社だったので、事前にどうこうは出来なかったのですが、もしこれから設立しようとする場合は、事前に同名会社の有無の確認を行ってください。
もし同名の会社があるのであれば、そこがどんな会社なのかということは確認しておいた方がよいでしょう。
 
それから、造語等の場合は、外国語で変な意味にならないかも一応確認しておくと、後で後悔しなくてよいかもしれません。
別の友人の例ですが、付けた社名は横文字でオシャレな感じだったのですが、スペイン語だかポルトガル語では卑猥な意味になる、という残念な話があります。
 
初めての相手と名刺交換すると、思いのほか社名の意味を聞かれます。
そこで上手く答えられるとその後の商談も上手くいくかもしれませんね。
 
なお、会社名がコロコロ変わるのは怪しい会社だと思われるので、一度社名を決めたら、よほどのことが無い限り、会社名を変えるのは止めましょう。
 
たかが会社名、されど会社名。
社長にとっては会社は自分の子どものような存在です。
そういった意味でも、やはり愛着が持てる会社名が良いと思いますよ。

2015年5月「失敗しないための経営勉強会 in 仙台」を開催します!

2015年4月24日
もうすぐゴールデンウィークですね!
自営業が長くなってくると、「営業日が減ると辛いな~」などと考えてしまいがちですが、せめて半分くらいは休めるようにして、家族との時間を作りたいと思っております。
 
さて、今日は勉強会のご案内です。
5/9(土)の15:00から、「失敗しないための経営勉強会in仙台」を仙台市戦災復興記念館で開催いたします。
前回の開催報告はこちら
 
日時:2015年5月9日(土)15:00 – 17:00
テーマ:経営に必要な数字で考える能力(予定)
想定参加者:創業前後の方
参加定員:10名
場所:仙台市戦災復興記念館 4階第5会議室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
会費:2,000円(当日現金にて)
 
お申込みはこちら
 
今回のテーマは、「数字で経営を考える能力を身に付ける」を予定しています。
身近な例で楽しく経営に関する数字を身に付けるための勉強会です。
2月にコワーキングスペースcocolinで行った創業セミナー「0から会社を立ち上げるノウハウ」の内容を深堀していく感じですので、セミナーに参加されて興味を持った方には特にお勧めです。
 
終了後は懇親会も予定しておりますので、経営者、または創業希望者の方の交流の場にできればと考えております。
 
今回は限定10名の募集となります。皆さまのご参加、心よりお待ちしております。

己の失敗の根本原因はひょっとして「依存心」だったのか?

2015年4月19日
今日は(も?)、私の過去の失敗についてお話します。
先日、ある人の話を聞いていて、ハッと気付いたことがあったので、忘れないうちに書いておきます。
 
私はこれまで、過去に会社経営に失敗したのは、自分に能力や知識が足りなかったことが根本原因だと思っていました。
ただ、もしかすると、本当の根本原因は自分の「依存心」だったのかもしれません。
 
私は2006年に個人事業主から法人成りする際、業務経験豊富な年上の人をパートナーとして、一緒にやっていくこととしました。
 
当時の私はソフト開発のことはわかっても、会社を経営するということは全く経験がなく、わからないことが多くて不安もあったので、パートナーの存在が非常に心強かったです。
実際に、パートナーの経験や人脈を活かせたことで、会社設立してから1年程度は、順調に売上も伸び、会社の規模も拡大していきました。
 
しかし、2年目あたりから、いくつもの仕事でトラブルが発生するようになり、会社全員が毎日のように遅くまで残業して必死に働いているにもかかわらず、収益には繋がらないという負のスパイラルに陥り始めたのです。
 
私は当時、「○○さん(パートナー)を信じて任せていたのに、何故問題ばかり起こるんだ」と考えていましたが、よくよく考えてみると、「信じて任せた」というよりは、「パートナーに依存してコントロールを放棄」していたのかもしれません。
 
トラブルの最中にも、私は自分1人では決められず、パートナーに相談、というか指示を仰ぐようになっていました。
私の不甲斐なさに耐えきれなくなったのか、ある社員から、「この会社は○○さん(パートナー)の会社じゃなくて、社長の会社でしょう!」と言われてしまったことがあります。
 
自分が社長であるにも関わらず、会社のコントロールをパートナーに依存してしまっていたのです。
これでは自分の運命を人に委ねているのと一緒です。
それでどのような結果になったとしても文句は言えません。
 
ビジネスは1人ではできないので、人を信じて任せるということは必要ですが、人に依存するということとは違います。
特に小さな会社であれば、最終責任は全て社長が取る必要があるのですから、コントロールできる状態にはしておくべきです。
 
私は自分の甘さゆえにパートナーに依存してしまいました。
経営者である以上、覚悟を持って事にあたらなければなりません。
書くのは簡単なのですが、実際に行うのは容易ではありませんね。
 
今日のエントリーは、自戒の意味で書きましたが、もし思い当たるフシのある方がいれば、お気を付けください。