仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

閃きは彷徨いの中で

2014年3月30日
私は悩みや考え事があるときはフラフラと彷徨い歩くことにしています。
不思議と歩いている中で考えが整理されてきて、全く違った視点からの解決策が閃くことがあるのです。
 
机の前でウンウン唸っていても考えが堂々巡りしてちっとも前へ進めないのに、何故か歩きながらだと色々なアイデアが出てきて問題解決への第一歩を踏み出すことが出来ることが多いです。
身体を動かすのと、色々な景色を見ることが脳への刺激となっているのでしょうか。
 
悩んだらまず外へでるべし!

イノベーションのジレンマ

2014年3月2日
師匠からの推薦図書、イノベーションのジレンマ~技術革新が巨大企業を滅ぼすとき~(クレイトン・クリステンセン著)を読みました。
 

 
この本によると、イノベーションには、持続的イノベーションと、破壊的イノベーションの2種類があり、優良企業はその優良さ故に破壊的イノベーションに対応出来ず、破壊的イノベーションによる製品を持った企業に市場を奪われてしまうということでした。
 
この本には、優良企業が破壊的イノベーションに対応するための方法が書いてありますが、逆に考えると中小零細企業が破壊的イノベーションを武器に優良企業である大企業に対抗していくためのヒントが得られるような気がします。
 
何か自分のビジネスに役立てることは出来ないかと考えさせられる1冊でした。

診断士バッジを入手しました

2014年2月16日
今更感もありますが、先日、診断士バッジを入手しました。
登録後、協会からは何も音沙汰なかったのでどうやって入手するのかわからなかったのですが、ようやく入手(正式には貸与らしい)出来たのでよしとしましょう。
 
ところでこのバッジ付けている人、どのくらいいるのでしょうか。 実務補習の指導員は結構着用率高かったような気がするのですが、その他のシーンで診断士がバッジ付けていることはほとんど見ておりません。
県協会によっては論理規定で「バッジ着用するよう努めるべし」とか書いてあるんですけどね。診断士としての自覚を持って行動しましょうね、ということなのでしょう。
 
それはさておき、最近は診断士としての仕事も段々入り始めているので、このチャンスを生かして頑張りたいと思います。