仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

面倒くさがりな人でもできる時間管理術

2018年1月28日
今日は面倒くさがりの私でもできる時間管理術をご紹介します。
 
経営者ならずとも、社会人であれば時間管理は必須です。
「人との約束を忘れてしまった」、「仕事が締め切りに間に合わなかった」といったことが度々あると、社会人としての評価が下がります。経営者であれば、下手をするとビジネスに致命的なダメージが生じる可能性もあります。
 
また、「やることが多すぎで何から手を付ければいいか自分でもわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。
 
 
ただ、時間管理と聞くと、なんとなく面倒くさそうなイメージが浮かびませんか?
付箋を付けたり、ノートや手帳にスケジュールを書いたり・・・
 
 
そこで、面倒くさがり屋を自認している私でもできる方法をご紹介したいと思います。
 
まず、スケジュールとタスク管理はGoogleカレンダーにすべて集約します。
スマートフォンでも「ジョルテ」というGoogleカレンダーに連動する無料アプリを使っているので、外出先でもスケジュールの確認および編集が可能です。
 
たとえば顧客との打ち合わせ後、次の日程を決める際には、スマホのアプリでスケジュールを確認しながらスケジュールを調整し、決定した日程はその場でスマホのアプリで登録してしまいます。
 
朝起きたら、まずはスマホアプリで今日の予定を一通り確認します。
そのうえで必要な持ち物なども準備してしまいます。場合によっては前日夜にやってもよいですね。そういえば小学生のころは「明日の準備は前の日の晩にやりましょう」と言われていました。
 
個々の作業(例:報告書作成、資料準備など)についてはGoogleカレンダーの「終日タスク」として登録します。
とりあえず少しでも当日手を付けるならば、その日に設定してタスクを作ります。
もしその日に終わらなかったら翌日または次に手を付けられそうな日に繰り延べます。
 
少しボリュームが大きいような作業の場合、タスクの詳細内容を書く欄があるので、そこで細分化したタスクを書くようにします。
 
ただ、プロジェクトのように、もはや作業とはいえない大きなタスクの場合は、別にプロジェクト管理ツールを使うなどした方がいいでしょう。その場合でもタスクとしてはGoogleカレンダーに登録しておき、内容欄には「詳細は別途管理」と書いておきます。
わざわざこうしてタスクを作ることで、別途管理しているプロジェクト管理ツールを閲覧するという行動を忘れないようにしています。
 
また、逆にどんなに小さな作業でも忘れて困ることがあるならばGoogleカレンダーに書くようにしています。例えば「ATMでお金を引き出す」、「薬をカバンに入れる」、「牛乳を買って帰る」などです。
「記憶には頼らず、記録に頼る」ということです。
 
 
スケジュールが切羽詰まっていない状況であればこれだけでもいいのですが、仕事が多い時期で、スケジュールがタイトな場合は、あらかじめ作業時間もスケジュールに入れるようにします。
 
たとえば「〇〇の報告書作成を9時から10時でやる」といった感じです。
 
これをやることで、残っているタスクを本当に処理しきれるのかを確認することができます。
 
漠然とやることが多いと不安を感じてかえって何もできなくなってしまいがちですが、こうして見える化すると、その瞬間は目の前に集中できるのですっきりします。
 
 
以上、簡単ではありますが、私なりの時間管理術をご紹介しました。
私は自覚している限り、約束を忘れたり、時間に遅れたりするようなことはほとんど無いです。かといって複雑な管理をしているわけではなく、やっていることはいたってシンプルです。
 
時間管理に悩まれている方の参考になれば幸いです。
 
 
===
仙台で2/3(土)に「時間術大公開セミナー」が渡辺進也先生主催の「プレミアムアフタヌーンカフェ」で行われます。
講師の平野さんは多忙な経営者のはずですが、「原則残業なし!18時帰宅!土日もほぼ休み!」を実現されているといいます。
 
詳細&お申込みはこちら↓↓↓
第30回プレミアムアフタヌーンカフェ「時間術大公開セミナーin仙台」
 
「いつも忙しくて時間がない」という方にこそ、是非参加していただきたいです。
 
また、どうしても時間があわずセミナーには参加できないという方は、講師の平野さんが最近出版した「仕事を高速化する「時間割」の作り方」を読んでみることをお勧めします。
 

長期の持続的取り組みには仕組みが必要

2018年1月22日
なにか1つのことを成し遂げようとするならば、基本的には長期で持続的な取り組みが求められると思います。
 
2~3か月程度ならば、強い意志と勢いでやり抜くことができるかもしれませんが、年単位になってくるとそれだけでは難しい。
 
やはり、続けるには何か仕組みが必要だと思います。
 
 
仕組みの1つとして、私が時々使っているのは、他人からの目をプレッシャーにするということです。
 
人間、やはり他人からどう見られているのかというのは、大なり小なり気になるもので、他人に対して「自分はこれを目指していて、そのためにこれを続ける」ということを”勝手に”宣言することで、自分自身にプレッシャーをかけます。
 
実際のところ、他人はそんなに自分に対して関心はないと思いますが、そうはいっても途中で諦めてしまったら、「あー、あれもう止めたんだ。諦めちゃったんだね」と思われる可能性あります。
 
それって正直、カッコ悪いですよね。
その「カッコ悪いと思われたくない」という感情を逆に利用して、取り組みの継続につなげるのです。
 
やり方は色々あると思いますが、今日ご紹介するのは私が中小企業診断士試験に向けて勉強していた頃にやっていた取り組み方法です。
 
 
やり方はシンプルです。まず1つブログを作ります。(手軽に作れるアメブロなどの無料ブログがよいでしょう)
 
そこでその日取り組んだことを淡々とブログ記事として投稿し続けるのです。
多少の所感などを入れてもよいでしょう。
ただ、取り組み内容の他人への公開が目的なので、あまりブログ投稿に時間をかけすぎないようにしましょう。
 
基本的にはそれだけです。
Facebook等やっている方であれば、投稿記事をシェアするのもよいでしょう。
これを毎日やると相当ストイックに見られます。(ただ、あまりにも頻度が高いと鬱陶しいと思われることもあるので注意)
 
ブログのいいところは記事として蓄積するので、後の振り返りに使えるというところです。「俺、もう〇年も頑張っているんだ!」というのは己のモチベーションアップにもなるでしょう。
 
Facebook等のSNSでやってもいいのですが、記録としてまとまりづらいので、後の振り返りとしては使いづらくなります。
 
 
私がやっていた実際のブログは以下です。
「中小企業診断士 登録に至るまでの戦いの記録」
あまり体裁を考えずに書いていたので、だいぶ生々しいです。
このリアリティさが伝わると幸いです(笑)

グローバルWebサイト&アプリのススメ

2018年1月16日
今日は書籍のご紹介です。
ネットで紹介されている記事を見て、面白そうだと思ったので中身も見ないで買ってしまいました。
海外のWebに関する本はあまり無いのです。
 
グローバルWebサイト&アプリのススメ(ジョン・ヤンカー著 木達一仁監修)
 
 
以下、amazonの紹介文です。  
●独身の日 !? ブラックフライデーって !?
●世界が100人なら58人はアジアの人 !?
●3Gの低速モバイル通信が世界の主流 !?
●右→左と左→右が混じるアラビア語のWeb !?
 
すべてに精通したスペシャリストである必要はありません。
あなたのコンテンツやビジネスにグローバルな成功をもたらす事例・考え方・ヒント満載の手引き書が登場。
 
Webサイト・サービスやアプリケーションなどのプロダクトを提供するのは、今や企業の大小に関わらず、広くビジネス機会を求める上で重要な視点です。そして、それは1つの国や地域のスペシャリストである必要はなく、ジェネラリストとして幅広い国や地域に対して知見を持っておくことが重要です。
 
この書籍は、そのような観点に立った知識と豊富な実践を解説する書籍です。Webサイト・サービスやアプリケーションなどのプロダクトを、英語圏や中国語圏、中東圏、スペイン語圏などグローバルにマーケティングする際のポイントを、数多いケーススタディにもとづいて解説します。文字表現、デザイン表現、プロモーション戦略などを各地域の商慣習に合わせて細かく例示した他に類を見ない内容となっています。
 
著者が運営するBlog「Global by Design」の日本語訳を手がける、株式会社ミツエーリンクスの木達一仁氏が監訳! Web担当者、Webマーケター、広報・PR担当者はもちろん、Webデザイン/サービスのデザイナーやアプリ開発者など、幅広く役立てていただけます。
 
Webサイトのグローバル化を図ろうとした場合、「とりあえず英語版を作ろう」となることが多いと思いますが、英語圏以外の人にもしっかり見てもらいたいのなら、やはりそれぞれの言語、さらには各国や地域ごとの特性を踏まえたWebサイトにする必要があります。(さらに英語圏でも、アメリカ、イギリス、オーストラリアでも様々な違いがあります)
 
この本では、主要な国や地域の言葉はもちろん、色、祝日、数字などの意味合いについても解説されています。
 
このあたりはWebに限った話でもないので、海外展開に興味ある方にとっても面白いかもしれません。
 
 
ただ、各国/地域を一冊の本で紹介しなくてはならないということで、内容としては薄く広くにならざるを得なかったのだろうなという印象を受けました。
 
とはいえ、Webサイトのグローバル化をお考えの方のとっかかりにはよいと思います。