仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

12

昔のことを引きずるな!サンクコスト(埋没原価)について

2017年11月27日
これはとある中小企業のお話です。
海外に現地子会社を設立したところ、経営が思ったようにうまくいかず、現地側からの改善提案もあったのでそれに従って何度か追加投資をしたものの、一向に経営が軌道に乗る気配は見えません。
ここまで投資した金額は約3億円。
中小企業にとっては少なくない金額です。
 
日本側としては、正直、もう見込みがないと感じ始めているのですが、現地側からは「もう5,000万円投資してもらえれば必ず軌道に乗せる」と再度の追加投資要請が来ています。
 
日本側は追加で5,000万円投資するか否かについて検討することとなりました。
 
 
もしここで手を引くとすると、これまで投資した3億円は回収の見込みはなくなります。
つまり、3億円の損失が確定するということです。
 
社内からは「これまで3億円も突っ込んできて今更止められるか」という声もあります。
 
 
しかし、この3億円はサンクコスト(埋没原価)といって、たとえ事業を止めたとしても決して戻ってこない費用(原価)です。
本来、意思決定において考慮から外さなければなりません。
 
ですので、あるべき考え方としては、3億円の投資のことは忘れて、5,000万円追加投資した場合に、将来5,000万円以上の回収が見込めるか否かで判断する必要があります。
 
つまり、この時点では5,000万より1円でも多く回収できるのであれば、追加投資するのが合理的な判断となります。
 
初期投資と合わせた3億5,000万円を回収できるか否かで考えるのではないのです。
 
 
こうやって書くと理屈では皆さん納得できると思いますが、これが自分が投資の当事者になるとなかなか正常な判断ができなくなります。
(経験ある方はよくおわかりでしょう)
 
 
例えば以下のようなことに身に覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
・映画館に入ったけど全く面白くない。だけどチケット代払ったから最後まで見る。
 
・ギャンブルで多額の損失を出している。この損失を埋めるまではギャンブルを止められない。
 
・付き合っている恋人とうまくいかない。だけどこれまで付き合ってきた時間や相手のために使ったお金を無駄にしたくない。
 
 
 
人間、なかなか過去の失敗を認めたくはありません。
 
しかし、未来をよくするためには、過去の失敗を認め、昔のことはすっぱり忘れて前へ進む必要がありますね。

社名・組織変更をしました

2017年11月19日
当社は11/15付けで社名・組織変更を行いました。
旧)合同会社ジェイドキャット
新)翠星企画株式会社
 
読み方は「スイセイキカク」です。
 
 
これに伴い、当ブログや会社ウェブサイトのアドレス、メールアドレスが変更になっています。
 
所在地等はそのままです。
 
 
変更の経緯を簡単にお話しますと、事業を今後拡大していく上で、「株式会社」の名称が欲しくなったということが大きな理由です。
新しくお会いした方から「合同会社って何?」、「代表社員ってどういうこと?」と聞かれることもたびたびあり、残念ながら合同会社の知名度がまだまだ低いことを実感しました。
 
経営コンサルティング業を1人で行っていくだけであれば、会社名や組織形態はあまり重要でないのでそのままでもよかったのですが、今後、中国市場開拓事業など、組織的に取り組んでいく事業展開もしていくため、「株式会社」という名称の信頼感が欲しくなりました。
 
 
名称の由来については、会社ウェブサイトからの抜粋を載せておきます。
 
翠星企画の「翠」は、宝石の翡翠です。翡翠は中国では商売のお守り的な意味もあり、当社顧客の事業が今後も健全に続いていく願いを込めています。
「星」には当社顧客が輝いた企業になってほしいという願いを込めています。
「企画」は戦略立案、事業計画策定といった当社事業内容を示したものとなります。
 
近年、横文字の会社名が多い中であえて漢字にしたのは、中国ビジネスを行っていることと、社名を見てすぐイメージがつきやすいよう表意文字である漢字を使ったという意図からです。
 
 
今後ともお引き立てのほどよろしくお願いいたします!

中国上海観光(2017年11月4日)

2017年11月13日
今回は特に経営にはあまり役に立たないエントリーです。
 
前回エントリーで触れたとおり、今月の上海出張では丸1日、普通に観光してきました。
写真はあまり上手く取れていないのですが、雰囲気だけでも感じ取っていただければ幸いです。
 
 
上海から気軽に行ける水郷として有名な七宝です。地下鉄で市内中心部から30分くらい。
 
 
 
上海博物館。無料開放期間中ということで、入るまでに1時間近く並びました。
 
 
 
辛い串焼き。火鍋の串焼きバージョン?上海では今、結構流行っているらしい。
 
 
 
有名な南京東路の歩行者天国です。
日本人をターゲットにした悪質な客引きが時々出没するのでご注意ください。
私も女性2人に「コーヒーでも飲みに行こうよ」と誘われたのですが、これも客引きだったのでしょうか。私は逆ナンされたと信じたいところなのですが(笑)
ちなみに上海人に言わせれば、ここは「田舎者の来る場所」ということらしいです。
 
 
 
またまた定番の外滩。土曜日なのでかなり混んでいました。
ここに来るとちょっと昔を思い出してセンチメンタルになってしまいます。
 
 
 
世界第二位、中国第一位の高さを誇る上海中心。
「ナントカと煙は高いところが好き」とか言いますが、私も高いところが大好きです。
1人3,000円以上取られるのですが、ついに登ってきちゃいました!
 
 
 
ちなみにカラフルな小籠包(「インスタ映え」しそう!)や臭豆腐といった地元の名産品も食べてきたのですが、あまり普段写真を撮ることを意識していないので、すっかり忘れてしまいました。
 
最近、上海へ観光へ行く日本人は減っているようですが、比較的気軽に行ける海外としては面白いと思いますよ。
治安はいいし、移動はほぼ地下鉄で事足りるのでタクシーにぼったくられることもないし、レストランはだいたい写真付きメニューがあるので指差しでオッケー。中国語が話せなくてもなんとかなります。
ただ、全く喋れないという人はホテルはちょっといいところにした方がいいかもしれません。
ランクが低いところだと「シャワーのお湯が出ない」などのトラブルが時々あるので。
12