仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

信頼獲得ツールとしてのFacebook活用法 後編

2017年12月11日
前回エントリーでは、「信頼獲得ツールとしてのFacebook活用法 前編」ということで、基本データ(プロフィール)の整備ポイントについて書きました。
 
後編となる今回は投稿内容についてのポイントを書きます。
 
 
セオリーとしては、皆さんのFacebookの読者の方が誰なのかを意識した上で、その方々にとって役に立つ情報やノウハウを提供することで、皆さんが「そのジャンルの専門家であること」を読者の方に認めてもらい、信頼を獲得するという流れです。
 
例えば、花屋であれば「花に関する情報やノウハウ」、薬局であれば「健康に関するノウハウ」、不動産関連であれば「住まいを快適にするノウハウ」など、さまざまなアイデアがあるかと思います。
 
こういった「会社やお店の専門知識を活かしたノウハウ」に関する情報を定期的に受け取ることにより、読者の方は次第に「あの会社は、この分野で信頼できる会社だ」と思うようになります。
 
その他に、皆さんの仕事に対する熱意、考え方、こだわりなどを発信するのもよいでしょう。
 
 
逆に注意した方がよい投稿内容についても触れておきます。
何度もニュースになっていますが、FacebookをはじめとするSNSへの書き込みがきっかけで「炎上」と呼ばれるトラブルに発展した例はたくさんあります。
 
基本的に、次のようなものは発信しない方が無難です。
「悪口や批判、愚痴などのネガティブな情報」、「個人情報」、「守秘義務に反するクライアントや協力会社の情報」、「必要以上の社内の情報」、「政治、宗教、思想といった、人によって意見が分かれるテーマ」
 
自分では「そんなつもりじゃなかった!」と思う投稿が、思わぬトラブルを生む例もめずらしくありません。
捉え方が人によって異なる恐れのある情報発信は、できるだけ行わないように心がけましょう。
 
また、社長自身が発信する場合は自分が気を付ければよいのですが、難しいのは社員の方が発信する場合です。
その場合は社内で情報の内容についてのルールを決めて、初めのうちは必ず社長のチェックを経てから発信するようにした方が無難です。
 
 
以上、信頼獲得ツールとしてのFacebook活用法でした。
ご参考になれば幸いです。

信頼獲得ツールとしてのFacebook活用法 前編

2017年12月4日
本日は宮城県商工会連合会様の「SNSセミナーフォローアップ研修」ということで、SNSを販路拡大に活用されている事業者様へのアドバイスを行ってきました。
 
そこではSNS(Facebook)を販路拡大、売上獲得にどう繋げるかということが主なテーマでしたが、SNS、特にFacebookにおいては、信頼獲得のためのツールとしても有用です。
 
 
そこで、今回と次回に分けて、Facebookを信頼獲得ツールとして活用するためのポイントについて書いてみたいと思います。
 
今回は基本中の基本として、基本データ(プロフィール)の整備のポイントについて2点挙げておきます。
 
 
まず1点目は「情報は可能な限り記入する」ということです。
Facebookの基本データ欄は非常に充実しているので、初めての登録の際には、どこまで記入をしていいのか迷う人もいるかもしれません。
 
「できるだけ多くのユーザーと信頼関係を作っていく」という目的がある場合は、「公開して問題ない情報はできる限り公開していく」というスタンスがおすすめです。
 
人は共通点のある人に惹かれます。たくさん情報を書いておくことで、どれか1つが引っかかる可能性が高まります。
 
ただし、知り合いでない方にもプロフィールは見えてしまいますから、携帯電話の番号など、「すでに面識がある知り合いにしか知られたくない」情報がある場合は、それだけ非公開としてください。
 
 
次に2点目は「プロフィールの写真」についてです。
写真は非常に重要です。第一印象をよくすることはもちろん、皆さんの友達はFacebook上で皆さんのプロフィール写真を見続けます。
是非、明るいところで撮影された笑顔の写真を利用しましょう。
 
特に男性は人によっては「なんだかこの人怖そう」と思われてしまうことがあります。
「怖い人キャラ」で売っていくのでなければ、是非、明るい笑顔で写真を撮っておきましょう。
 
個人アカウントのプロフィールについては、特にビジネスとプライベートをだいたい半々くらいで書くことを目安とするとよいでしょう。
 
あまり固い内容ではなく、人柄が伝わる内容のほうが好感を持たれます。
「親しみやすさ」に加え、皆さんのビジネスなどに対する「想い」が伝わる文章を心がけましょう。
 
 
次回エントリーでは投稿内容について書きます。

昔のことを引きずるな!サンクコスト(埋没原価)について

2017年11月27日
これはとある中小企業のお話です。
海外に現地子会社を設立したところ、経営が思ったようにうまくいかず、現地側からの改善提案もあったのでそれに従って何度か追加投資をしたものの、一向に経営が軌道に乗る気配は見えません。
ここまで投資した金額は約3億円。
中小企業にとっては少なくない金額です。
 
日本側としては、正直、もう見込みがないと感じ始めているのですが、現地側からは「もう5,000万円投資してもらえれば必ず軌道に乗せる」と再度の追加投資要請が来ています。
 
日本側は追加で5,000万円投資するか否かについて検討することとなりました。
 
 
もしここで手を引くとすると、これまで投資した3億円は回収の見込みはなくなります。
つまり、3億円の損失が確定するということです。
 
社内からは「これまで3億円も突っ込んできて今更止められるか」という声もあります。
 
 
しかし、この3億円はサンクコスト(埋没原価)といって、たとえ事業を止めたとしても決して戻ってこない費用(原価)です。
本来、意思決定において考慮から外さなければなりません。
 
ですので、あるべき考え方としては、3億円の投資のことは忘れて、5,000万円追加投資した場合に、将来5,000万円以上の回収が見込めるか否かで判断する必要があります。
 
つまり、この時点では5,000万より1円でも多く回収できるのであれば、追加投資するのが合理的な判断となります。
 
初期投資と合わせた3億5,000万円を回収できるか否かで考えるのではないのです。
 
 
こうやって書くと理屈では皆さん納得できると思いますが、これが自分が投資の当事者になるとなかなか正常な判断ができなくなります。
(経験ある方はよくおわかりでしょう)
 
 
例えば以下のようなことに身に覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
・映画館に入ったけど全く面白くない。だけどチケット代払ったから最後まで見る。
 
・ギャンブルで多額の損失を出している。この損失を埋めるまではギャンブルを止められない。
 
・付き合っている恋人とうまくいかない。だけどこれまで付き合ってきた時間や相手のために使ったお金を無駄にしたくない。
 
 
 
人間、なかなか過去の失敗を認めたくはありません。
 
しかし、未来をよくするためには、過去の失敗を認め、昔のことはすっぱり忘れて前へ進む必要がありますね。